ノートPCでは無理?動画編集ができるノートPCを買う方法


動画編集ができるパソコン

動画編集にはデスクトップPCがおすすめ

動画編集ができるパソコンとは動画編集ソフトの「Adobe Premiere」、「Davinci Resolve」、「Vegas」、「Lightworks」、「PowerDirector」、「AviUtl」などを使える性能があるパソコンです。

動画編集をするには普通のパソコンよりも性能が高くないといけないので、何も考えずにパソコンを買うと動画編集ができない、できたとしても動画編集がとてもやりづらいパソコンを買ってしまう可能性があります。

性能の低いパソコンで動画編集をするとカットなどの作業一つ一つで多くの待機時間がかかったり、作業の途中でフリーズしてしまったり、作業中の動画データが保存できなかったり壊れてしまったりしてしまいます。

それらが積み重なるととても多くの時間になってしまい、時間の無駄になってしまいます。1秒でも多く動画の編集に時間を使って評価を得たりお金を得たりしたりクリエイターの方にとっては死活問題です。

なので動画編集用のパソコンには性能の低いノートパソコンではなくデスクトップパソコンをおすすめします

ノートパソコンは動画編集には向いていない

Notebook Desk Work Office Business  - Firmbee / Pixabay

ノートパソコンは動画編集には向いていない

ノートパソコンは性能が低い

動画編集が十分できるほどの性能があるノートパソコンは少ないです。

ノートパソコン用のCPUはデスクトップパソコン用のCPUの性能を落としたものを使っています。CPUの性能が高すぎると電力の消費量が多くなって熱が発生しやすくなります。パソコンに熱がたまると動作が不安定になったり、壊れやすくなったりしてしまいます

パーツが狭いところにしきつめられているノートパソコンでは熱がたまりやすいので、熱が発生しにくくするために性能を落としたCPUを使っているのです。

またノートパソコンはバッテリーを使って動かしているので、バッテリーが切れるとノートパソコンは全く使えなくなります。性能の高いCPUは電力を多く使のでバッテリーの消費が早くなります。なので省電力化のために性能を落としているということもあります

ノートパソコンは壊れやすい

ノートパソコンはデスクトップパソコンよりも壊れやすいです。

パソコンのパーツは熱くなりすぎると壊れてしまいます。ノートパソコンはパーツが狭いところにしきつめられているので熱がこもりやすく壊れやすいです。

パソコンが壊れて使えなくなる理由の多くはパーツの故障ですが、パーツが壊れる原因は熱が多いです。なのでパソコンを使うときには熱がこもりすぎないようにファンを回したり、クーラーの効いている部屋で使ったりしなければいけません。

またノートパソコンはバッテリーを使っているので、使っているうちにバッテリーの切れる時間が早くなって使えなくなってしまいます。何年も使っていくうちにバッテリーの切れる時間が短くなるので外に持ち歩いて使えなくなってしまいます。

動画編集ができるデスクトップPCを買う方法を知りたい方はこちら

こちらのページで動画編集ができるデスクトップPCの買い方とおすすめのパソコンを紹介しています。

それでも動画編集ができるノートPCを買うには

Wordpress Blogging Writing Typing  - StockSnap / Pixabay

それでも動画編集ができるノートPCを買うには

買う前に必ず4つのスペックを確認する

動画編集をするためにはまずパソコンの性能に一番気をつけなければいけません。ノートパソコンは性能が低いので、できるだけ性能の高いノートパソコンを買う必要があります。

ノートPCを買う前には必ずスペック(使用されているパーツ)を見てください。スペックを見ると動画編集ができるパソコンかどうかわかります。

見なければいけないスペックは

CPU最低でもCore i7、Ryzen 7と書かれているもの
メモリ最低でも16GB以上あるもの
SSD最低500GB以上、できれば1TB以上
グラフィックボード(GPU)「内蔵グラフィック」は避ける

の4つです。この4つを買う前に必ず確認してください。

①CPU:Core i7、Ryzen 7以上(必ず性能を確認)

おすすめのCPU:
  • Core i7-10870H(Passmarkスコア:15,397)
  • Core i7-11800H(Passmarkスコア:21,204)
  • Ryzen 7 4800H(Passmarkスコア:19,172)
  • Ryzen 7 5800H(Passmarkスコア:21,500)
🔽 CPUの性能一覧(クリック・タップで見る)
※紫色の字はデスクトップ用CPU

CPUはほとんどすべての処理を担当するパーツです。CPUの性能が高いほどパソコンの動作が軽くなってフリーズしにくくなります。動画編集ソフトは重くなりやすいのでCPUの性能が高いほうがいいです。

基本的には「Core i7」、「Core i9」、「Ryzen 7」、Ryzen 9」のどれかを選べば動画編集に十分な性能があります。

ノートPC用のCPUは種類が多く性能も低い物が多い

ですが少し注意が必要です。「Core i7-11750H」など型番の後ろに「H、G、U」のどれかがついているノートPC用のCPUはデスクトップ用CPUよりも性能を抑えられてあります。

なのでノートPC用のCPUの場合性能がかなり幅広くなっていてCore i7ならなんでもいいといえません

種類CPU型番と性能コア数
デスクトップ用Core i7-11700(PassMarkスコア:20,693)8コア
デスクトップ用Core i5-11400(PassMarkスコア:17,138)6コア
デスクトップ用Core i3-10300(PassMarkスコア:9,329)4コア
ノートPC用Core i7-11800H(Passmarkスコア:21,204)8コア
ノートPC用Core i7-11600H(Passmarkスコア:16,030)6コア
ノートPC用Core i7-1165G7(PassMarkスコア:10,658)4コア

同じ第11世代のCore i7でもCore i7-11600Hの場合はCore i5-11400とほぼ同じ性能、Core i7-1165G7の場合は第10世代のCore i3-10300(PassMarkスコア:9,329)の手前くらいまでの性能となってしまいます。

ノートPCの場合はCore i7シリーズだというだけでは性能がわからないので注意してください。

またノートPC用のCPUは種類がとても多く性能もかなりバラバラなので確認が必要です。

ノートPC用のCPUでも性能の高いものはある

RyzenシリーズのノートPC用CPUの場合、Ryzen 7 4800Hなどの「Ryzen 7で4000番台」以上なら性能が高いのでおすすめです。Ryzen 7 3700Uなどの3000番台は性能が低いものもあります。

不安な方は「PassMark – CPU Benchmarks – List of Benchmarked CPUs」のページで調べてみることをおすすめします。

スコアで言うと最低でも15000以上、できれば20000以上あるものをおすすめします。

②メモリ:最低16GB以上

SO-DIMM ノートPC用メモリ

メモリは使用中のデータやソフトのデータを入れておくパーツです。

動画データは容量が大きいのでメモリ容量も多めに必要です。

メモリ容量が足りなくなると動作が不安定になったりフリーズしたりします。動画編集のためのパソコンにはできるだけ多めにほしいです。

容量が16GB以上あるノートPCをおすすめします。ノートPCはメモリ容量が8GBの製品も多いですが8GBでは少ないです

ノートPCを買った後からでもメモリを増設できる製品もあります。ただし増設する場合SO-DIMMというノートPC用の規格のメモリを買わなければいけないので注意してください。

③GPU:内蔵グラフィックはできるだけ避ける

GPUは映像を表示したりグラフィック関係の処理を手助けするパーツです。動画編集ソフトでは一部の処理を補助したり、エンコードで使用したりします。

スペック表のグラフィックボード(GPU)欄には「内蔵グラフィック」、「統合グラフィック」と書かれていることもありますが、これは「CPUに内蔵しているGPU」という意味です。内蔵グラフィックは性能が低いのでできれば避けてください。

また「UHD Graphics」、「Intel Iris」、「Radeon RX Vega M (Mobile)」と書かれていることもありますが、これらも全て内蔵グラフィックです。できれば避けたほうがいいでしょう。

GeForceと書かれているものを選ぶのがおすすめ

内蔵グラフィックではないGPUには「GeForce RTXシリーズ」、「GeForce GTXシリーズ」、「Quadroシリーズ」あたりが有名です。

これらを選べば動画編集に十分な性能があるGPUとなっています。

おすすめは「GeForce GTX 1660 SUPER」「GeForce GTX 1650 SUPER」あたりです。

④SSD・HDD容量:できれば1TB以上

外付けSSD
外付けSSD

SSDやHDDは動画データやソフトウェアの保存をするパーツです。

動画ファイルはサイズが大きいのでSSD・HDDの容量が少ないとすぐにいっぱいになります。

ノートパソコンは内蔵SSDや内蔵HDDの増設が難しいので、容量が十分あるか買う前に確認することをおすすめします。

容量は1TB以上あったほうがいいでしょう。

外付けSSDや外付けHDDの場合はUSBで接続するだけで増設できるので、容量が足りなくなったら外付けのものを買えば簡単に増設することはできます。ですがノートパソコンを持ち運ぶ時に一緒に持ち歩かなければならなかったり、持ってくるのを忘れたり、なくしてしまったりする可能性もありますので注意してください。

★おすすめの動画編集ができるノートPC

Victus 16 (高性能、スタイリッシュ) / HP

HPはアメリカの大手パソコンメーカーです。HPはスタイリッシュなデザインのノートPCをたくさん作っているメーカーです。

HPのVictus 16には「Victus 16 (AMD)」と「Victus 16(インテル)」の2種類がありますが、搭載されているCPUが違います。

おすすめPC①:Victus 16 パフォーマンスモデル

動画編集には「Victus by HP 16-d1034TX パフォーマンスプラスモデルG2」もおすすめです。

  • CPU:Core i7-12700H(Passmarkスコア:27,064)
  • グラフィック:GeForce RTX 3050 Ti Laptop(Passmarkスコア:9,768)
  • メモリ:16GB
  • SSD:512GB

となっていて動画編集が十分にできるノートPCとなっています。

おすすめPC②:Victus 16 アドバンスモデル

または「Victus by HP 16-d1096TX ハイパフォーマンスモデル」もおすすめです。スペックは、

  • CPU:Core i7-12700H(Passmarkスコア:27,064)
  • グラフィック:GeForce RTX 3060 Laptop(PassMarkスコア:12,931)
  • メモリ:16GB
  • SSD:512GB

こちらはGPUがもう少し性能の高い「GeForce RTX 3060 Laptop」となっているのでさらに本格的な動画編集をしたい方やゲームをしたい方などにもおすすめです。


公式サイトで詳しく見るにはこちら

クリエイターパソコン DAIV (高コスパ・カスタマイズ可)/ マウスコンピューター

クリエイターパソコン「DAIV」シリーズはマウスコンピューターのシリーズです。デスクトップとノートPCどちらも用意されています。

おすすめ①:DAIV 6N

DAIVの中でも「DAIV 6N [ Windows 11 ]」が動画編集にはおすすめです。基本構成は、

  • CPU:Core i7-12700H(Passmarkスコア:27,064)
  • グラフィック:GeForce RTX 3060 Laptop GPU(PassMarkスコア:12,231)
  • メモリ:16GB
  • SSD:512GB NVMe対応

とノートPC用のCPUとしては性能の高い「Core i7-12700H」が使用されているのでおすすめです。

カスタマイズでメモリを32GBや64GBにしたり、SSDを1TBなどに増設して注文することもできます。動画データを保存するのに十分な容量を確保できます。

おすすめ②:DAIV 6H(高性能Core i9搭載)

さらにハイスペックな「DAIV 6H [ Windows 11 ]」もおすすめです。基本構成は、

  • CPU:Core i9-12900H(Passmarkスコア:29,172)
  • グラフィック:GeForce RTX 3070 Ti Laptop(PassMarkスコア:18,575)
  • メモリ:32GB
  • SSD:1TB NVMe対応

と性能の高い「Core i9-12900H」と「RTX 3070 Ti Laptop」が使用されているので本格的な動画編集ができるスペックとなっています。

こちらもカスタマイズでメモリやSSDを増設して注文することもできます

おすすめ③:DAIV 6H(高コスパ)

コストを抑えたい方は「DAIV 6P-RT [ Windows 11 ]」がおすすめです。

このパソコンはGPUに「RTX 3050 Ti」が搭載されているので安くなっています。ですがCPUは「Core i7-12700H」が搭載されているので動画編集には十分使用できるパソコンです。


公式サイトで詳しく見るにはこちら

Surface Laptop Studio(折りたたみ式コンパーチブル・GPU搭載) / Microsoft

Microsoftの「Surface Laptop Studio」はコンパーチブル型の2-in1ノートPCです。

Surface Laptop StudioはSurfaceシリーズの中でもクリエイター向けのPCとなっています。

Surface Laptop Studioはコンパーチブル型のノートPCですが他のコンパーチブルとは違います。

一般的なコンパーチブル型は単純にキーボードの部分を画面の裏側にくっつくまでひっくり返せるようになっているだけです。なので完全にひっくり返した状態のPCを手で持ち上げようとすると指がキーボードに当たります。

Surface Laptop Studioではキーボード部分を360°回転させるのではなく、モニターのうしろの部分を折りたたんでくっつけるのでキーボード面がたたまれた内側に行きます。なのでキーボードが指が当たらないので使いながら持ち歩くのに便利です。

またSurface Laptop Studioの中にはGPUが性能の低い内蔵グラフィックの「Intel Iris」になっているものもあるので気をつけてください。仕様を選ぶ時に「NVIDIA GeForce」と書かれているものを選ぶ必要があります

クリエイターの方には「Surface Laptop Studio – インテル Core i7、16GB RAM、512GB SSD、NVIDIA® GeForce RTX™」がおすすめです。スペックは、

  • CPU:Intel Core i7-11370H(PassMarkスコア:12,247)
  • GPU:GeForce RTX 3050 Ti Laptop(Passmarkスコア:9,753)
  • メモリ:16GB
  • SSD:512GB

となっていてイラスト制作などの他にも軽めの動画編集も十分できるPCとなっています。


Microsoftで詳しく見るにはこちら

IdeaPad Slim 560 Pro(ハイスペック・高コスパ) / Lenovo

Lenovoのパソコンはコストパフォーマンスが高いのでおすすめです。

おすすめ①:IdeaPad Slim 560 Pro

動画編集におすすめのノートパソコンは「IdeaPad Slim 560 Pro(16) [82L500GKJP]」です。スペックは、

  • CPU:Ryzen 7 5800H(Passmarkスコア:21,500)
  • グラフィック:GeForce GTX 1650(PassMarkスコア:7,815)
  • メモリ:16GB
  • SSD:512GB

となっています。Ryzen 7 5800HはノートPC用CPUとしてはかなり性能が高いので動画編集にも最適です


公式サイトで詳しく見るにはこちら

New Inspiron 16 Plusなど(高コスパ) / DELL

DELLはアメリカの大手パソコンメーカーです。

DELLは一般的なノートPCはシンプルなデザインが多いですが、ゲーミングPCは個性的なデザインの本体になっています。

おすすめ①:New Inspiron 16 Plus

動画編集には「【Dell】New Inspiron 16 Plus プラチナ(大容量SSD・RTX3060搭載)」がおすすめです。スペックは、

  • CPU:Core i7-12700H(Passmarkスコア:27,064)
  • グラフィック:GeForce RTX 3060 Laptop(PassMarkスコア:12,931)
  • メモリ:16GB
  • SSD:1TB
  • 画面サイズ:16インチ

性能的にも動画編集が十分できるノートPCです。

Dell G15の場合はゲーミングノートなので形が少しゴツいですが、こちらのNew Inspiron 16 Plusは薄型でスタイリッシュな形になっています。

おすすめ②:Dell G15

またゲーミングノートPCの「【Dell】Dell G15 プラチナ(RTX3050Ti搭載)」もおすすめです。スペックは、

  • CPU:Core i7-12700H(Passmarkスコア:27,064)
  • グラフィック:GeForce RTX 3050 Ti Laptop(Passmarkスコア:9,753)
  • メモリ:16GB
  • SSD:512GB
  • 画面サイズ:15.6インチ

とかなっているので動画編集ができるノートPCです。

おすすめ③:Dell G15 Ryzen Edition(高コスパ)

コストを抑えたい方は「【Dell】Dell G15 Ryzen Edition プラチナ(RTX3050搭載)」もおすすめです。

  • CPU:Ryzen 7 6800H(Passmarkスコア:22,917)
  • グラフィック:GeForce RTX 3050 Laptop(Passmarkスコア:9,061)
  • メモリ:16GB
  • SSD:512GB
  • 画面サイズ:15.6インチ

こちらはCPUにコスパの高いRyzen 7 6800Hを搭載してるので安くなっています。もちろん性能的に動画編集をすることができます。


公式サイトで詳しく見るにはこちら

ROG Flow X13(ハイスペック、2in1、高コスパ) / ASUS

ASUSは世界シェア5位の大手パソコンメーカーです。

他のメーカーにはRyzen 7やRyzen 9が搭載されたノートPCはあまりないですが、ASUSにはたくさんあるのでおすすめです。

ROG Flow X13シリーズは13インチのコンパクトなゲーミングノートです。色が真っ黒なのでビジネス向けPCに見えなくもないです。またハイスペックなCPUを搭載して、コンパーチブル型の2-in-1 PCとなっています。

またROG Flow X13シリーズには別売りで「ROG XG Mobile」という外付けGPUも販売されています。USBで接続するとGPUとして使用ができるので高画質にゲームがしたい方の他にも高画質な動画を編集したい方にもおすすめです。

ROG XG MobileはGeForce RTX 3070搭載の「ROG XG Mobile GC31 (GC31R-026)」とGeForce RTX 3080搭載の「ROG XG Mobile GC31 (GC31S-026)」の2種類があります。

おすすめ①:ROG Flow X13 GV301QE

動画編集におすすめのノートPCは「ROG Flow X13 GV301QE (GV301QE-R9R3050T120)」です。

  • CPU:Ryzen 9 5900HS(Passmarkスコア:22,606)
  • グラフィック:GeForce RTX 3050 Ti Laptop(Passmarkスコア:9,753)
  • メモリ:16GB
  • SSD:1TB

とかなりハイスペックになっているのでこのままでも動画編集におすすめです。

おすすめ②:ROG Flow X13 GV301QH

または「ROG Flow X13 GV301QH (GV301QH-R9G1650H120)」もおすすめです

  • CPU:Ryzen 9 5900HS(Passmarkスコア:22,606)
  • グラフィック:GeForce GTX 1650(PassMarkスコア:7,815)
  • メモリ:16GB
  • SSD:512GB

となっていてGPUは性能が少し低めですが、CPUにRyzen 9が搭載されているので動画編集にも十分な性能があります。


公式サイトで詳しく見るにはこちら

関連ページ

こちらのページも参考にしてください






おすすめ