ゲーミングPCを解説!選び方とおすすめを紹介!


ゲーミングPCがあるBTOショップ比較

ゲーミングパソコンとは?

ゲーミングパソコンとはパソコンゲームをするのに最適なパソコンのことです。

最新のパソコンゲームは3Dグラフィックやインターネットによるリアルタイムでパイパフォーマンスな処理が必要になっています。

それにともなってパソコンも高いスペックが要求されています

一般的なパソコンではそのような最新のパソコンゲームをしようとすると処理が重くて楽しめないこともあります。

ゲーム推奨モデルを選べばそのゲームが動作するパソコンを選べる

ゲーム推奨モデルというものがショップに用意されていることがあります。

ゲーム推奨モデルとはゲームの推奨スペックを満たしているゲーミングパソコンです。

例えばRPGでは「ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン」、「『ファンタシースターオンライン2』推奨PC」、「黒い砂漠 推奨ゲーミングPC」など、FPSの「Call of Duty Black Ops 4 動作確認済みゲーミングPC」、「Gears 5 推奨ゲーミングPC」その他「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE 推奨パソコン」などある程度のスペックが必要なゲームの推奨モデルあります。

やりたいゲームがある場合はそのゲームの推奨モデルを選べば、そのゲームをするのに最適なパソコンを手に入れられるということになります。やりたいゲームがちゃんと動くか不安な方におすすめです

ゲーム推奨モデルがあるショップはこちら

ゲーミングノートはあまりおすすめできない

ゲーミングノートが用意されているBTOショップもありますが、ゲーミングノートはあまりおすすめできません

そもそもノートパソコンは壊れやすいです。壊れる原因で一番多いのは熱によるパソコンパーツの負傷です。ゲーミングパソコンで使われるパソコンパーツはハイスペックなものが多く電力を消費するのでパーツが熱くなりやすいです。ノートパソコンは各パーツが狭いところに敷き詰められているので熱がこもりやすくパソコンが壊れやすいです。

たとえ壊れなかったとしても熱によりパソコンの動作が不安定になるのでゲームがやりにくくなります。

またノートパソコンはデスクトップパソコンよりも価格が割高になります。デスクトップパソコンとノートパソコンで同じ性能のパーツを使っていたらデスクトップパソコンのほうが安くなります。

なのでパソコンショップではゲーミングノートを取り扱っていないショップもあります。基本的にはデスクトップPCを選んでください

ゲーミングパソコンと普通のパソコンの違い

ゲーミングPCは一般的なパソコンと比べるとCPU、メモリなどの各パーツがハイスペックなもので構成されています。

高性能なGPU・グラフィックボードが搭載されている

 ASUS NVIDIA RTX2080Ti 搭載 トリプルファンモデル 11GB ROG-STRIX-RTX2080TI-O11G-GAMING

ゲーミングPCが普通のパソコンと大きく違うところは高性能なGPU・グラフィックボードが搭載されていることです。

グラフィックボードは映像を出力するためのパソコンパーツです。ですが最近のグラフィックボードにはGPUというものが備わっていて、グラフィック関連の処理を担当します。

ハイスペックなGPU・グラフィックボードが搭載されていると3D・VR映像の処理をしても重くなりにくくなります。

普通のパソコンにも搭載されていることはありますが、普通のパソコンにはそれほど性能の高くないグラフィックボードが搭載されていることがほとんどです。

普通のパソコンにはグラフィックボードそのものが搭載されていない場合もよくあります。グラフィックボードがないパソコンでは満足にゲームをすることにはかなり難しいと思います

CPUもコアが多く周波数が高いハイスペックなものが多い

Ryzen CPU

CPUの性能も重要です。CPUはパソコンの処理のほぼ全てを担当します。

CPUの性能が高いとパソコンの処理能力の高いということになります。つまりCPUの性能が高いとソフトウェアを複数起動するなどをしても動作が重くなりにくい、スペックが必要なゲームをしても重くなりにくいということになります。

CPUのコア数は多いほど、周波数も高いほど性能が良くなります。最低でも4コア・3Ghz以上、できれば6コア・4Ghzはあったほうがいいでしょう。

メモリも必要!16GB以上ほしい

メモリが多くなれば多くなるほど動作が重くなりにくくなります。

メモリとはデータを保存することはできませんが、データの読み書きをものすごく早くできます。なので処理をするのに必要なデータを一時的に保管しておくために使うパーツです。

パソコンゲームは映像データ、3D演算をしたデータ。ネットワーク処理をしたデータ、音楽データなど処理するデータがものすごく多いので、その分メモリの容量も必要になります。

最近の一般的なパソコンはメモリは2GB~8GBくらいが多いですが、これではゲームをするのには足りません。最低でも16GBはほしいところです。

HDD・SSDも必要!1TBはほしい

HDD・SSDはデータを保存するためのパーツです。HDDとはハードディスクドライブ、SSDとはソリッドステートドライブの略です。

SSDはHDDよりも読み書きが早いのでSSDを搭載することをおすすめします。ですがSSDはHDDよりも値段が高いので両方搭載されているものが多いです。

よく読み込むデータをSSDに、あまり使わないけどデータサイズが大きいファイルをHDDに入れるというふうに使い分けます。

SSDにOSデータやゲームのインストールに使うと起動が早くなるのでおすすめです。ゲームによってはSSDにインストールすることを推奨されていることもあります。

最低でもSSDを500GB、HDDを1TB以上あったほうがいいでしょう。

スペックはどれくらいがいい?

ゲーミングPCはスペックの幅が広いです。例えばCPUはCore i5、Ryzen 5のものからCore i9、Ryzen9のものまで、メモリは8GBのものから32GBくらいまであります。

ハイスペックなパソコンを選ぶかそれほど性能の高くないものでもいいかは3つのポイントで変わります。

  1. 画質
  2. 解像度
  3. 3D・VR

これらを求めるかどうかで高いパソコンか安いパソコンでもいいかが変わります。

グラフィックボード:RTX 3060あたりがおすすめ

グラフィックボードの選び方

  • 1920×1020を60FPS以上で動かしたい:「GeForce RTX 3060」あたり
  • 多少画質や解像度を下げてもいい:「GTX 1660 SUPER, Ti」あたり
  • もっと解像度・フレームレートを上げたい:「RTX 3060 Ti」以上
  • 3D・VRソフト(MMD、Blenderなど)を使用したい方:「RTX 3060 Ti」以上

グラフィックボードはゲーミングPCでは最も重要です。グラフィックボードをどれにするかによってゲームが重くなったり軽くなったりします。

FPSを維持したい方は性能が高いグラフィックボードを選ぶ必要があります。

GeForce RTX 3060を選べば大抵のゲームで1920×1020の解像度で60FPSを出すことができるのでおすすめです。

性能の低いパソコンの場合は画質や解像度を下げるとFPSを維持したままプレーできます。あまり画質が高くなくても良いという方や大きい画面でプレーできなくてもいい方は多少グラフィックボードの性能を下げても大丈夫です。「GTX 1660 SUPER」あたりの性能があればいいでしょう。

また動画制作、3D・VRソフト(MMDやBlenderなど)でもグラフィックボードを使用するので性能が高いものを搭載することをおすすめします。

CPU:Core i7、Ryzen 7あたりが無難

CPUの選び方

  • 大半のゲームプレーヤー:Core i7、Ryzen 7以上
  • ゲーム実況をしたい方:最低Core i7・Ryzen 7以上、Core i9・Ryzen 9も検討
  • コストを抑えたい:Core i5・Ryzen 5

CPUはパソコンの処理全般を担当するパーツです。なのでCPUの性能が低いと画面がガクガクになったり、処理の待機時間が長くなったり、フリーズしやすくなります

ゲーミングPCの場合はCPUよりもグラフィックボードの性能のほうが重要と言われています。ゲームが重い最大の原因は画面を表示するための処理が多いからです。ですがもちろんCPUの性能も他のソフトを使用するのと同じくらい重要です。

パソコンゲームは一般的なソフトウェアよりもCPUを使用します。なのでやはりCore i7、Ryzen 7あたりがおすすめです。

RyzenシリーズのほうがCore iシリーズよりも安く高性能なのでRyzenシリーズがおすすめです。

SSD・HDD容量:2TB以上搭載をおすすめ

おすすめのHDD・SDD容量

  • ゲームをたくさんインストールしたい:2TB以上
  • 動画編集などもしたい:3TB以上

ゲームはストレージ容量を大量に使用します。ゲームをインストールすればするほど容量を使用するので多めに搭載することをおすすめします。

SSDとHDDの合計が2TB以上あれば容量が足りなくなることはしばらくはないでしょう。

SSDのほうがHDDよりも読み込み・書き込みのスピードが速いので搭載することをおすすめします。ただしHDDのほうが価格が安いので容量を増やしたい方はSSDとHDDの両方を搭載して合計が2TB以上になるようにするのがおすすめです。

メモリ容量:16GB以上がおすすめ

メモリはソフトを使用し続けると容量を消費します。メモリが足りないと重くなったりフリーズしてしまったりします

多くの方は16GBを搭載しておけばいいでしょう。パソコンゲームをする場合8GBでは少し足りないです。

多くのソフトを同時に使用したい方は32GB以上搭載することをおすすめします。

また、ゲーム実況配信、動画編集などをしたい方もメモリ容量をたくさん使用するので32GB以上搭載することがおすすめです。

おすすめBTOゲーミングPC紹介

G-GEAR / ツクモ

G-GEAR Powered by Crucial ゲーミングPC

ツクモは秋葉原になる有名なPCパーツ・BTOパソコンショップです。カスタマイズが幅広くでき、PCパーツのメーカーまで書いてある信頼性の高いBTOショップでもあります。

G-GEAR」はゲームPCアワードを受賞するなど評価が高いゲーミングPCです。

多くのゲーマーの方におすすめのパソコンは第12世代Core i7を使用している「G-GEAR GA7J-E221/B」あたりです。こちらは基本構成ではGPUにRTX 3060 Tiが搭載されているのでほとんどのゲームは高画質、フルHD、60fpsでプレイできます。カスタマイズでRTX 3060 Tiより価格が安いRTX 3060、RTX 3050やGTXシリーズに変えたり、CPUをCore i9にすることもできます。

画質や解像度、フレームレートをさらに上げたい方は「G-GEAR GA7J-G221/B」がGPUにRTX 3070 Tiを搭載していて、カスタマイズでさらにRTX 3080などに上げることができるのでおすすめです。こちらもカスタマイズでCPUをCore i9にすることもできます。

安いゲーミングPCが欲しい方は「G-GEAR GA7A-G214/B」がコスパの高いRyzen 7 5700Gを搭載しているのでおすすめです。GPUにRTX 3060を搭載しているのでたいていのゲームは高画質、フルHD、60fpsでプレイできます。


ツクモのサイトで見るにはこちら

LEVEL∞ / パソコン工房

パソコン工房の「ゲーミングパソコン LEVEL∞」シリーズは有名なゲーミングパソコンのシリーズです。

全体的にコスパが高く、様々な種類のCPUやGPUが搭載された構成が用意されているので自分の丁度いいスペックのPCを探している方におすすめです。

多くの方におすすめのパソコンは「ミドルタワーゲームパソコン LEVEL∞ R-Class [LEVEL-R969-127-RBX]」です。第12世代Core i7とRTX 3060が搭載されているのでたいていのゲームが高画質、フルHD、60fpsでプレイできます。

更に高画質、高フレームレートでゲームをしたい方には「ミドルタワーゲームパソコン LEVEL∞ R-Class [LEVEL-R769-LC127K-UAX]」がおすすめです。ハイスペックな最新12世代Core i7-12700K + GeForce RTX 3070 Tiが搭載されているのでゲーム配信などにもおすすめです。

コストパフォーマンスが高いPCが欲しい方は「ミニタワーゲームパソコン LEVEL∞ M-Class [LEVEL-M0P5-R75G-RBX]」です。Ryzen 7 5700G + GeForce RTX 3060が搭載されているのでたいていのゲームをプレイできるスペックになっていておすすめです。


ゲーミングパソコンLEVEL∞の公式サイトはこちら

G-Tune / マウスコンピューター

マウスコンピューターの「G-Tune」は有名なゲーミングパソコンブランドです。

基本構成が大量にあるので自分にあったゲーミングパソコンを手に入れられるでしょう。あなたのゲームスタイルによってCASUAL、PROFESSIONALと分けられていて自分に最適なパソコンが見つけやすくなっています。

その他にもゲーム推奨モデル、プロゲーマーモデルがあるのでやりたいゲームがある方やプロゲーマーの方が好きな方は参考にしてパソコンを探すことができます。

多くの方には「G-Tune EN-Z [ Windows 11 ]」がCPUに第12世代Core i7が、GPUにGeForce RTX 3060が搭載されているのでほとんどのゲームは高画質設定、解像度フルHD、60fpsでプレイできます。

高画質、高フレームレートでプレイしたい方やゲーム実況配信をしたい方は「G-Tune PP-Z (プレミアムモデル) [ Windows 11 ]」がCPUに第12世代Core i9が、GPUにGeForce RTX 3070が搭載されていてハイスペックなのでおすすめです。


マウスコンピューター「G-Tune」の公式サイトはこちら

OMEN / HP

icon

大手パソコンメーカーのHP(ヒューレット・パッカード)はゲーミングPCの「OMENシリーズ icon」があります。

付属のソフトでLEDライトの色をカスタマイズすることができます。


HPのゲーミングパソコン公式サイトはこちら

Legion / Lenovo

Lenovoは世界的なパソコンメーカーです。ノートパソコン「ThinkPad」で有名です。

Lenovoには「Legion」シリーズというゲーミングパソコンがあります。

道具を必要とせず簡単にデバイスの増設やアップグレードが可能なパソコンになっているのが特徴です。


Legionシリーズの詳細を見るにはこちら

Alienware Aurora / Dell

Dellの「Alienware Aurora」はゲーミングPCです

デザインをさらに進化させ、通気性と冷却性を確保しました。

本体の色はルナライト(シルバーホワイト)またはダークサイド・オブ・ザ・ムーン(ダークグレー)から選べます


ALIENWARE AURORAのサイトはこちら

関連ページ

こちらのページも参考にしてください






おすすめ