After Effectsに最適なパソコンの選び方!特殊な機能を持つAeにはBTOパソコンがおすすめ


After Effectsとは?

「After Effects」はAdobeが開発した映像制作ソフトです。エフェクトや合成、3Dを利用した編集機能などを備えていて、映像を加工したりアニメーションを作ったりすることができます。

After Effectsに最適なパソコンとは?

After Effectsに最適なパソコンには動画編集ソフトやアニメーション制作ソフトを使うパソコンのように性能が高いパソコンが必要です。

After Effectsは一般的な動画編集ソフトやアニメーション制作ソフトとは少し違い、2Dと3Dの編集機能が合わさったようなソフトなのでどのようなスペックのパソコンを買えばいいか分かりづらいと思います。

After Effectsが使えるかどうか判断するにはパソコンを買う前にスペックを見なければいけません。

特に見なければいけないところは

  • CPU
  • グラフィックボード(GPU)
  • メモリ容量
  • SSD・HDD容量

です。パソコンを買う前に最低限ここを確認しなければAfter Effectsを使用するのが難しいパソコンを買ってしまうかもしれません。

After Effectsを使うのに必要なパソコンのスペックは?

CPU:Core i7・Ryzen 7以上が必要

おすすめCPUの選び方
多くのAeユーザー:
Core i7、Ryzen 7以上がおすすめ
快適に使用したい、処理時間を短くしたい:
Core i9、Ryzen 9
コストを抑えたい:
Ryzenシリーズが安く性能がいいのでおすすめ
🔽 CPUの性能一覧(クリック・タップで見る)

CPUはパソコンの処理全般を担当するパーツです。

After Effectsを使用するのにもCPUの性能が重要です。CPUの性能によって処理速度が変わるので、性能が低いとパソコンの動きがカクカクになったりフリーズしてしまったりします

性能が高いCPUを使用するとエフェクトを掛けたりプレビューをするときに重くなりにくくなったり、エンコードが早く安定してできるようになります。

After Effectsで使用する場合は「Core i7」、「Ryzen 7」以上の性能のCPUを搭載するといいでしょう。処理の時間を少しでも減らしたい方や動画のエンコードなども高速に安定させたい方などは「Core i9」、「Ryzen 9」がおすすめです。


AdobeのソフトウェアはIntelのCPUに最適化されていると言われていましたが最近はRyzenシリーズのCPUも人気なのでAMD Ryzenにも最適化されて来ています。

実際に「Adobe After Effects: 11th Gen Intel Core vs AMD Ryzen 5000 Series」の記事を読むとRyzenの方がスコアが高く、最適化されていることがわかります。

Ryzenシリーズのほうが性能が高いので個人的にはRyzenがおすすめです。

グラフィックボード:GeForce RTX 3060以上がおすすめ

おすすめグラフィックボードの選び方
多くのAEユーザー:
「GeForce RTX 3060」「RTX 3060 Ti」あたり
処理時間を短くしたい・3D・VRを使用したい:
「RTX 3070」以上がおすすめ
コストを抑えたい:
「GTX 1660 SUPER」以上
⬇ グラフィックボード・GPUの性能一覧(クリック・タップで見る)

After Effectsを使用する場合はグラフィックボードもある程度の性能のものが必要です。

グラフィックボードはCUDA(グラフィックボード並列処理)という機能を使ってPCの処理を最適化できます。After Effectsの場合は3Dビューポイントレンダリングやエフェクト処理、Elements 3DなどをするときにグラフィックボードのGPUを使います。

ただしCUBAはあくまでも作業の最適化や補間のような機能なので、あまりにも性能の高いグラフィックボードでなくても構いません。

After Effectsで使用する場合は「GeForce RTX 3060」以上の性能のグラフィックボードを備え付けるのがおすすめです。

もし3D・VRを使用したい方や動画編集などもしたい方は「GeForce RTX 3070」以上を搭載するといいでしょう。

メモリ:32GB以上がおすすめ

おすすめメモリ容量の選び方
多くのAEユーザー:
32GBがおすすめ
快適に使用したい:
32GB~64GB
同時に色々なソフトを使用したい:
64GB
コストを抑えたい:
最低でも16GB、できれば32GB

Adobe公式のAfter Effectsの必要スペック表には「16GB以上(32GBを推奨)」と書かれています。

必要スペックと推奨スペックが書かれている場合、「推奨スペック」に書かれているものが重要です。最小スペックは「これより低いスペックではソフトを使うことができない」という意味で、推奨スペックは「これより高いスペックならソフトを快適に使用できる」という意味です。

必要スペックと同じくらいのスペックでは、ソフトを動かすことはできますがとても時間がかかったり動作が不安定になったりする可能性があります。必要スペックとはそのくらいのスペックです。

推奨スペックくらいになって初めてちゃんと使用することができるスペックということになります。

After Effectsの場合は32GBが推奨と書かれているので32GB以上搭載することを強くおすすめします。After Effectsはソフトの特性上とてもメモリを消費するソフトとなっています。できれば64GBも考えたほうがいいです。

SSD・HDD容量:合計2TB以上搭載をおすすめ

おすすめSSD・HDD容量の選び方
  • 多くのAEユーザー:SSD 1TB以上、HDD 2TBあたりがおすすめ
  • 快適に使用したい:SSDを合計2TB以上搭載
  • コストを抑えたい:SSDを500GB、HDDを2TBなど

SSDやHDDは作成したデータの保存をするパーツです。

動画データはサイズが大きいので容量を消費します。2TB以上搭載するといいでしょう。

SSDはHDDよりも高速でデータを読み書きできるのでSSDの搭載をおすすめします。SSDにOSをインストールするとパソコンの起動がとても早くなるのでおすすめです。

ですがSSDは値段が少し高いので、データ保存用の容量を多めに欲しい方はHDDがおすすめです。

個人的にはSSDが1TB、HDDが2TBの両方を搭載するといいのではないかと思います。

容量が足りなくなったらUSBでつなげる外付けSSD・HDDがあるので簡単に増設できます。

★After Effectsにおすすめのパソコン紹介

クリエイターパソコン SENSE∞ / パソコン工房

パソコン工房は全国に実店舗が60店以上あるBTOパソコン・PCパーツショップです。

パソコン工房にはクリエイター向けパソコンの「SENSE∞」シリーズがあります。SENSE∞の特徴はコスパが高いところです。できるだけ安く高性能なパソコンが欲しい方におすすめです。

またSENSE∞シリーズには「Adobe Creative Cloud (Adobe CC)推奨スペックパソコン」もあります。

After Effectsにおすすめのパソコンは「クリエイターパソコン SENSE∞ [SENSE-R0X5-R58X-SAX]」です。スペックは

  • CPU:Ryzen 7 5800X(PassMarkスコア:28,480)
  • グラフィック:GeForce RTX 3060 Ti(PassMarkスコア:19,645)
  • メモリ:16GB
  • SSD:500GB

となっているのでAfter Effectsを使用するのに最適です。基本構成ではメモリやSSDの容量が少ないのでカスタマイズで増設することがおすすめです。


パソコン工房で詳しく見るにはこちら

クリエイター&ワークステーション向けモデル(幅広いカスタマイズ・信頼性高い)/ ツクモ

ツクモはパソコンが珍しかった時代からの老舗のパソコン・PCパーツショップです。ツクモにはBTOパソコンショップのブランドとして「TSUKUMO eX.computer」もあります。

カスタマイズ注文ページでカスタマイズできるパーツのメーカーまで表示していたり、「お取引実績」ページを見ると全国の企業や官公庁、大学でも使われていて信頼性が高いBTOパソコンショップです。

「クリエイター&ワークステーション向けモデル」の中に「クリエイターPC」があります。基本構成は少なめですがカスタマイズの幅がとても広いので、カスタマイズをして自分の求めているスペックのパソコンを作れます。

ただしクリエイターPCはグラフィックボードが基本構成では性能の低い「内蔵グラフィック」か「GTX 1650」になっているので、必ずカスタマイズすることが必要です。After Effectsを使用するには「RTX GeForce 3060 Ti」や「GeForce RTX 3070」あたりがおすすめです。


After EffectsにおすすめのPCは「クリエイターPC WA9A-C211/T2」です。スペックは

  • CPU:Ryzen 9 5900X(PassMarkスコア:39,627)
  • グラフィック:GeForce GTX 1650(PassMarkスコア:7,760)
  • メモリ:16GB
  • SSD:1TB
  • HDD:1TB

となっています。

グラフィックボードが基本構成ではGeForce GTX 1650となっているので、After Effectsを使用するには「GeForce RTX 3060 Ti」以上にカスタマイズすることがおすすめです。

あとはお好みでメモリやSSDの増設をすればいいでしょう。


Ryzen 7 5800Xを使用したPCが欲しい方は「クリエイターPC WA5A-B211/T2」の基本構成からカスタマイズするのがコスパが高くなっていておすすめです。


サイコムのサイトで詳しく見るにはこちら

クリエイターパソコンDAIV Adobe Creative Cloud推奨スペックパソコン / マウスコンピューター

マウスコンピューターにはクリエイター向けパソコンの「DAIV」シリーズがあります。

DAIVシリーズには「Adobe Creative Cloud 推奨スペックパソコン」もあります。AdobeのCreative Cloud製品を使用するのに最適なパソコンとなっています。

After Effectsにおすすめのパソコンは「DAIV A7」です。こちらの構成は、

  • CPU:Ryzen 7 3700X(PassMarkスコア:22,781)
  • グラフィック:GeForce RTX 3060(PassMarkスコア:16,617)
  • メモリ:32GB
  • SSD:512GB (NVMe対応)
  • HDD:2TB

となっているのでこのままでもAfter Effectsを使用するのに最適です。

こちらはさらにカスタマイズでメモリを64GBしたりSSDを増設することなどもできます。


マウスコンピューターのサイトで詳しく見るにはこちら

ZEFT(フルカスタマイズ可能)/ パソコンショップSEVEN

パソコンショップSEVENはフルカスタマイズが可能なBTOパソコンショップです。

BTOショップの中でもパーツのカスタマイズが幅広くできる玄人好みのショップです。パソコンケースもカスタマイズできるので見た目にこだわる方にもおすすめです。

After Effectsにおすすめのパソコンは「ZEFT R26M」です。 標準構成でのスペックは

  • CPU:Ryzen 7 5800X(PassMarkスコア:28,480)
  • グラフィック:GeForce RTX 3060 Ti(PassMarkスコア:19,645)
  • メモリ:16GB
  • SSD:500GB (NVMe)

となっているのでこのままでもAfter Effectsに最適な構成となっていておすすめです。

さらにカスタマイズでCPUをRyzen 9にしたり、メモリを32GBや64GBなどにしたり、SSD・HDDを増設したり、グラフィックボードもGeForce RTX 3070などのRTXシリーズまで幅広くカスタマイズできるので好みに合わせて使用できます。


パソコンショップSEVENで詳しく見るにはこちら

GKシリーズ(幅広くカスタマイズ可・高コスパ)/ フロンティア

フロンティアはコスパが高いパソコンを注文できるBTOショップです。

GKシリーズはカスタマイズの幅が広く、性能も高くしやすいのでおすすめです。

GKシリーズの中でAfter Effectsに最適なパソコン「GKシリーズ(B550)FRGKB550/C」です。基本構成は、

  • CPU:Ryzen 9 5900X(PassMarkスコア:39,627)
  • グラフィック:GeForce RTX 3060(PassMarkスコア:16,617)
  • メモリ:16GB
  • SSD:1TB (M.2 NVMe)
  • HDD:2TB

となっていてます。カスタマイズでメモリを32GB・64GBにしたり、SSDやHDDを増設したりできます。


フロンティアでは現在セールが行われています。フロンティアのセールでは同スペックのパソコンが他のショップと比べて最安になることも多いのでおすすめです。

セール中のパソコンの中では「GAシリーズ(B550)FRGAB550/M10/O」が最新Ryzen 9 5900X + 最新GeForce GTX 3060 Ti搭載セール価格219,800円となっていてAfter Effectsを使用するのにおすすめです。


フロンティアのサイトで詳しく見るにはこちらから

関連ページ

こちらのページも参考にしてください






おすすめ