重くならないパソコンを買う方法!一番重要なのはCPU!


目次

パソコンが重い原因のほとんどは「CPUの性能が低い」から

パソコンでPCゲームをしたり、動画編集をしたり、ブラウザのタブをたくさん開いたり、ソフトを同時に使用したり、その他にも様々な場面で重くなることがあります。

その原因のほとんどはCPUの性能が低いせいです。

逆に言えばCPUの性能が高ければ高いほどPCの動作が重くなることが少なくなります。

CPU以外にもパソコンが重くなる原因は「SSDを使用していない」、「メモリの容量が少ない」などがありますが、それらもCPUの性能が高ければパソコンが重いと感じることは少なくなります。

もし重くなりにくいパソコンを買いたい方や、欲しいパソコンの動作が重くなりやすいかどうか判別したい方はCPUの性能が高いパソコンかどうかを調べてから買わなければなりません

検索して出てくる「パソコンを軽くする方法」は効果が薄い

検索をすると『パソコンを軽くする方法』などと書かれたウェブサイトが出てきますが、そのページに書かれていることをしたとしても大抵の場合効果が低いです。

『パソコンを軽くする方法』に書かれているほとんどの方法は付け焼き刃的なその場しのぎの対処法なので、一時的には効果があるかもしれませんがCPUの性能以上は軽くなりません。パソコンの動作を軽くするにはCPUの性能が高いパソコンを買うかCPUを交換するほうが軽くなる効果が高いです。

パソコンを軽くする方法について書かれているページを見ると、例えば「常駐起動しているアプリを無効化する」、「アニメーションエフェクトの無効化をする」「不要なファイルを削除する」などと書かれています。

これらを行っても多少なら動作が軽くなることもあります。パソコンを長期間使っているせいでパソコンが重くなっている場合は有効になることもあります。ですがもし高性能なCPUが搭載されている場合これらを行わなくてもそもそもあまり重くなりません。


「常駐起動しているアプリを無効化」すると軽くなることはあります。ですが最近のパソコンは常駐起動で使うアプリのせいで重くなることは少ないです。

常駐起動で使うアプリはもちろんCPUの使用をできるだけ少なくしているので、最近のCPUの性能ではそれだけで重くなる原因になることは少ないです。また、むしろ逆に必要なアプリまで無効化してしまいパソコン使用中にエラーが起きるようになったり、パソコンの動作が不安定になったりすることもあるのでパソコンに詳しい方以外はむやみやたらに無効化するべきではありません。

「不要なデータをクリーンアップする」ことも多少は効果があることもありますが、パソコンは元々が不要なデータが貯まっていく仕組みになっているので、しばらくパソコンを使用するとまた重くなってきます。

「アニメーション効果を無効化」はCPUの性能が低いパソコンでは効果が多少あります。ですがやはりこれもCPUの処理能力の数%しか使わないのでパソコンの動作が劇的に軽くなるわけではありません

最新の一般的なCPUの性能ならアニメーション効果のせいで重くなるということはありません。わざわざアニメーション効果を無効にしなければならないパソコンなら買い替えをおすすめします。

『パソコンの動作を軽くする方法』に書かれているようなことをしなければならないパソコンはそもそも古いか安物です。CPUの性能はここ数年でとても性能が高くなっています。5年前のCore i7は最新のCore i3よりも性能が低くなっています。

CPUの性能と選び方について

CPUの性能比較

Core iシリーズやRyzenシリーズを選ぶ

CPUにはIntel社のCore iシリーズやAMD社のRyzenシリーズなどがあります。

それ以外のCPUは性能が低いので避けたほうがいいです。特にIntel Celeron、Atom などはとても性能が低いので、普段の作業にも支障が出てくる可能性が高いです。

Core iシリーズにはCore i3、Core i5、Core i7、Core i9があります。同じようにRyzenシリーズにもRyzen 3、Ryzen 5、Ryzen 7、Ryzen 9があります。

Core i3、Ryzen 3のほうが性能が低くて、5、7、9と数字が上がるにつれて性能が高くなっていきます。

Core i5、Ryzen 5以上を選ぶ

多くの方にはCore i5、Ryzen 5あたりがコストパフォーマンスが高いのでおすすめです。

パソコンゲームをしたい方はCore i7以上、Ryzen 5以上がおすすめです。

動画編集やイラスト制作などのクリエイター系ソフトを使用したい方は最低でもCore i7以上、Ryzen 7以上あったほうがいいです。

高画質動画編集をしたい方やクリエイター系ソフトを快適に使用したい方にはCore i9、Ryzen 9がおすすめです。

文章作成やオフィス系ソフトの使用、動画視聴くらいしかしない方の場合はCore i3、Ryzen 3でも十分です。

古いCPUは性能が低い

古いCPUは性能が低いです。CPUの性能は新しくなるにつれて性能が高くなっているので最新のCore i3は5年前のCore i5よりも性能が高くなっています。

なので例えば3年前に買ったパソコンと同じ値段で最新のパソコンを買ったら新しいパソコンのほうが性能が高くなっています

古いPCを持っている方(特に3年以上前のパソコンを使っている方)は新しいパソコンに買い換えることをおすすめします。

最新のCPUはIntel Core iシリーズの場合は「Core i7-11700」「Core i5-11400」などの第11世代や、「Core i7-10700」などの第10世代までです。それより古い「Core i7-9700」など第9世代Core iシリーズもたまに売られていますがもう古いのでおすすめできません。

Ryzenシリーズの場合は「Ryzen 7 5800X」「Ryzen 5 5600X」などのRyzen 5000シリーズや、「Ryzen 7 3700X」「Ryzen 5 3500X」などのRyzen 3000シリーズが最新です。

それらの新しいCPUが搭載されているPCを買えば問題ありません。

ノートPC用のCPUは性能が低い

ノートPC用のCPUはデスクトップPC用のCPUよりも性能を抑えられています。

ノートPCに搭載されているCore i7はデスクトップ用のCore i5やCore i3くらいの性能しかありません。

高いノートPCを買ってもCore i5の性能くらいしかないので性能の高いCPUが必要なPCゲームをしたい方や動画編集・イラスト制作などをしたいクリエイターの方はデスクトップPCがおすすめです。

CPU以外にも重くなる原因はあります

SSDではなくHDDを使っている

SSDはHDDよりも読み込みや書き込みのスピードが3倍~10倍早いです。

特にパソコンにHDDしか搭載していない場合、SSD搭載パソコンよりも動作が重くなります。もしパソコンにHDDしか搭載されていない場合、SSDを増設してOSをインストールすれば動作が軽くなります。

ですがHDDしか搭載されていないパソコンは最近ではほとんど見かけなくなりました。もし使用しているパソコンがHDDしか搭載されていない場合はパソコンが古い可能性が高いので買い換えることがおすすめです。

SSDが搭載されているパソコンでも動作が重い場合はやはりCPUの性能が低いのが原因の可能性がほとんどです

メモリ容量が少ない

メモリ(RAM)は読み込んだデータを一時的に保存しておくパーツです。編集中のデータをいちいちSSDやHDDに読み書きしたら時間がかかりますし、SSDやHDDが壊れやすくなってしまいます。なので読み書きが高速ですが電源がついている間だけしかデータを保存できないメモリというものが搭載されています。

メモリの容量が少ないと、メモリがいっぱいになってしまわないように容量をあけるために一部のデータを一時的にHDDやSSDに保存しておく作業をするようになります。そうするとSSDやHDDへの読み書き時間が必要になるのでその分パソコンが重くなってしまいます。

パソコンを起動した直後には動作が軽くても、使用しているうちに重くなるのはこのためです。

あまりにもパソコンのメモリ容量が少ない場合(2GBや4GBくらいしかない場合)はメモリを増設すれば使用しているうちに動作が重くなることはなくなりますが、メモリ容量を増やせば増やすほどパソコンの動作が軽くなることはありません

メモリ容量を増やしてもCPUの性能より早く動作するわけではないので、パソコンの動作を軽くするにはCPUの性能を上げなければなりません。

グラフィックボード(GPU)なしでPCゲーム・3D・動画編集・画像関係の処理などをしている

グラフィックボードは映像を出力するPCパーツです。グラフィックボードにはGeForceなどのGPUが搭載されているものが多いです。

GPUは主に3Dを表示する時、エンコードをする時、動画編集・画像編集ソフトなどでエフェクト処理の効率を上げる時、ハードウェアアクセラレーション機能を使用する時などに使われます。

CPUでは3Dを表示させる処理が不得意なので代わりにGPUを使って3D関係の処理をするために搭載します。ゲーミングPCにGPUが搭載されているのは3Dゲームをプレイするために必要だからです。

最近GPUには3Dを表示させる以外にもCPUが不得意な処理をGPUが代わりに担当させるようになってきています。PremiereやPhotoshopなどの動画・画像関係のソフトではGPUを使った処理をすることがあります

しかしCPU内蔵GPU、オンボードグラフィックなどの性能の低いGPUで3D・画像処理をしようとすると処理が追いつかないので動作が重くなります

動画編集、画像編集、3D・VRコンテンツを制作したい方や3Dゲームをしたい方はGeForceなどGPUが搭載されたグラフィックボードが必要です。

ただしGPUは3D関係や画像関係の一部の機能でしか使用しないので、ハイスペックなGPUを搭載してもパソコン全体の動作が軽くなるわけではありません。パソコン全体の動作を軽くしたい方はCPUの性能のほうが重要です。

ノートパソコンや液晶一体型パソコンを使用している

ノートパソコンや液晶一体型のパソコンに搭載されているCPUは性能が低いです。なのでデスクトップPCと比べて重くなりやすい機種が多いです。

ノートパソコンはバッテリーで動作させているので、電力を使いすぎるとすぐにバッテリーが切れて使用できなくなってしまいます。なのですぐにバッテリーが切れないようにCPUなどのパーツの性能を下げて省電力化しています。

またノートパソコンや液晶一体型パソコンはデスクトップPCよりも小型なので熱がこもりやすいです。パソコンのパーツは電力の使用量が増えるほど発生する熱が増えますが、パソコンのパーツは熱くなると動作が不安定になったり、壊れやすくなってしまいます。なので熱を発生しにくくするために性能を落として電力を抑えています。

なのでノートパソコンや液晶一体型パソコンは基本的には選ばずにデスクトップパソコンを買うことをおすすめします。

重くなりにくいPCを買う方法まとめ

ビデオ編集中

搭載されているCPUを確認する

パソコンの商品情報には必ずCPUに何を搭載されているかがスペック表に書かれています。

パソコンを買う前には必ずスペックを確認しなければなりません。

Core iシリーズかRyzenシリーズを選ぶ

オフィス系ソフトなどで一般的な使用をしたい方、とりあえず一通りのことができる性能のCPUが欲しい方にはCore i5、Ryzen 5以上がおすすめです。

PCゲームや動画編集、イラスト制作などがしたいクリエイターの方はCore i7、Ryzen 7以上がおすすめです。

重い作業が必要なソフトを使用したい方や同時に複数のソフトを快適に使用したい方はCore i9、Ryzen 9がおすすめです。

メモリ容量は最低でも16GBは欲しい

メモリが少ないとパソコンを使用しているうちに動作が重くなるので最低16GBは欲しいです。

動画編集、ゲーム実況配信などがしたい方は32GB以上あったほうがいいでしょう。

GPUを搭載する(ゲームや動画編集、イラスト制作などをしたい場合)

⬇ グラフィックボード・GPUの性能一覧(クリック・タップで見る)

GPUは3Dを表示したり、画像編集ソフトや動画編集ソフトでエフェクトをかける時などに使用します。

Photoshopなどでイラスト制作や画像編集をしたい方などはGeForce GTX 1650以上のGPUがあるといいでしょう。

動画編集ソフトや3Dゲームをしたい方は最低でもGeForce RTX 3060以上のGPUを搭載させることをおすすめします。

もしクリエイターソフトやPCゲームを全くしないのであればCPUに搭載されているオンボードグラフィックでも十分です。

おすすめの性能の高いCPUが搭載された重くなりにくいパソコン

「ゲーミングパソコン LEVEL∞」「クリエイターパソコン SENSE∞」/ パソコン工房

パソコン工房はコスパの高いパソコンを販売しています。

特に「ゲーミングパソコン LEVEL∞」シリーズや「クリエイターパソコン SENSE∞」シリーズがおすすめです。


ゲームパソコン LEVEL∞シリーズには幅広いスペックのパソコンがあります。

多くの方におすすめなパソコンは「ミニタワーゲームパソコン LEVEL∞ M-Class [LEVEL-M0B5-R73X-RBX-FB]」です。こちらはCPUにRyzen 7を使用しているのでたいていのゲームが快適にプレイできます。

ゲーム実況配信や高画質動画編集もしたい方はハイスペックな「フルタワーゲームパソコン LEVEL∞ G-Class [LEVEL-R059-119-VAX]」がCore i9とGeForce RTX 3080を搭載しているのでおすすめです。

その他自分がプレイしたいゲームが確実に動かせる「推奨スペックパソコン」も用意されています。


クリエイターパソコンSENSE∞シリーズもコストパフォーマンスが高いのでおすすめです。

多くのクリエイターの方におすすめなのは「クリエイターパソコンSENSE∞ [SENSE-M056-117-RBX]」です。こちらは最新Core i7を搭載しているのでスペック的にイラスト制作や画像編集、DTMなどをしたい方におすすめです。

動画編集などをしたい方は「クリエイターパソコン SENSE∞ [SENSE-F059-119-TAX]」がCore i9を搭載しているのでおすすめです。


パソコン工房のサイトはこちら

ZEFT (フルカスタマイズ可能) / パソコンショップSEVEN

パソコンショップSEVENはフルカスタマイズ可能なBTOパソコンショップです。すべてのパーツを変えることができるので通好みなパソコンショップとなっています。パソコンケースも交換できるので見た目を気にする方にもおすすめです。

重くなりにくいパソコンには「ZEFT R26M」がスペック的におすすめです。基本構成では

  • CPU:Ryzen 7 5800X(PassMarkスコア:28,480)
  • グラフィック:GeForce RTX 3060 Ti(PassMarkスコア:19,645)
  • メモリ:16GB
  • SSD:500GB (NVMe)

となっていて生配信をするのに最適なパソコンとなっていておすすめです。さらにカスタマイズでCPUをRyzen 9にしたり、グラフィックボードをRTX 3080などにしたり、メモリを32GBや64GBにしたりなどかなり幅広くカスタマイズできるのでハイスペックPCが欲しい方にもおすすめです。

Intel Core iシリーズ搭載のパソコンがほしい方は「ZEFT G16H」があります。


パソコンショップSEVENで詳しく見るにはこちら

「G-GEAR」「クリエイターPC」 / ツクモ

ツクモはパソコン黎明期からの老舗のパソコン・PCパーツショップです。ツクモには「TSUKUMO eX.computer」というブランドでBTOパソコンも取り扱われています。

他のBTOショップと比較するとeX.computerはカスタマイズの幅が広く、パソコンパーツの型番まで表示していて長年のPCパーツショップとしての信頼性があります。


ツクモにはゲーミングPCの「G-GEAR」シリーズがあります。他のゲーミングPCと比べてコスパがとても高いのでおすすめです。

G-GEARは基本構成からCPUとグラフィックボードを様々な組み合わせができるようになっています。とくにGPUはほとんどの基本構成でGeForce RTX 3070、RTX 3080、3060 Tiなどの「RTX 30シリーズ」やGTX 1660 SUPERなどの「GTXシリーズ」までとても幅広く選べるようになっています。

多くの方におすすめのパソコンは「G-GEAR GA5A-F210/T」です。基本構成ではCPUにRyzen 5 5600X、GPUにGeForce RTX 3070となっています。Ryzen 5 5600Xはスコア的にはCore i7と同じくらいの性能があるのでこのままでおすすめです。

カスタマイズでCPUをさらに性能が高いRyzen 7 5800Xにしたり、GPUをGeForce RTX 3060 Ti、3070 Ti、3080などから幅広く選べます。

Ryzen 9を搭載したハイスペックなパソコンが欲しい方は「G-GEAR GA9A-J211/XT」がおすすめです。こちらのパソコンはゲーム実況配信をしたい方や高画質動画編集などにもおすすめです。


他にもクリエイター&ワークステーション向けモデルの「クリエイターPC」があります。こちらもカスタマイズでGPUを幅広く選べます。ただし基本構成ではGPUにGeForce GTX 1650や内蔵グラフィックしか搭載されていないので、必要な方は忘れずにカスタマイズする必要があります。

イラスト制作や画像編集、DTM、軽めの動画編集がしたい方は「クリエイターPC WA5A-B211/T2」がRyzen 5 5600Xが搭載されていておすすめです。カスタマイズでCPUに高性能なRyzen 7 5800Xを搭載させることもできます。

高画質動画編集やゲーム実況配信などをしたい方は「クリエイターPC WA9A-C211/T2」が多コア高性能Ryzen 9 5900Xが搭載されていておすすめです。

3D・VR制作をしたい方はGPUにRTX 3070以上を搭載させることがおすすめです。


ツクモのサイトで見るにはこちら

スタンダードモデル(幅広くカスタマイズ可能) / サイコム

Hydroシリーズ

サイコムは配線や組み立てが丁寧でパソコン上級者の方にも評判が高いBTOショップです。

幅広くカスタマイズできる「スタンダードモデル」は自分でパーツを組み合わせてコストパフォーマンスが高いパソコンを作りたい方にはのでおすすめです。

サイコムでおすすめのパソコンは「スタンダードモデル Radiant GZ2800X570A」です。基本構成は、

  • CPU:Ryzen 5 3500(PassMarkスコア:12,901)
  • グラフィックボード:GeForce GT 710(PassMarkスコア:635)
  • メモリ:8GB
  • SSD:480GB

となっていますが、カスタマイズで幅広くパーツを選べます。例えばCPUをRyzen 7やRyzen 9に、ビデオカード(グラフィックボード)をRTX 3060などに、メモリを16GBや32GBなどに変えることによって重くなりにくいパソコンにすることができます。


サイコムのサイトで見るにはこちら

GKシリーズ(幅広くカスタマイズ可)/ フロンティア

フロンティアはコスパが高いパソコンを注文できるBTOショップです。GKシリーズはカスタマイズの幅が広く、性能も高くしやすいので動画編集用のパソコンとしておすすめです。

GKシリーズの中では「GKシリーズ(B560)FRGKB560/A」がおすすめです。基本構成のスペックは、

  • CPU:Intel Core i7-11700F(PassMarkスコア:21,556)
  • グラフィック:GeForce GTX 1660 Ti(PassMarkスコア:11,800)
  • メモリ:16GB
  • SSD:1TB (M.2 NVMe)

となっていてます。カスタマイズでCPUをCore i9にしたり、メモリを32GB・64GBにしたり、SSDやHDDを増設したりできるのでさらに性能の高いPCが欲しい方にもおすすめです。


フロンティアでは現在パソコンのセールを行っています。フロンティアのセールでは同じスペックのパソコンの場合、全パソコンショップの中で最安となることも多いのでおすすめです。

セール対象商品の中では「GAシリーズ(B550)FRGAB550/M581/NTK」が最新高性能Ryzen 7+ 最新GeForce RTX 3060 Ti搭載セール価格219,800円となっているのでおすすめです。


フロンティアのサイトで詳しく見るにはこちらから

関連ページ

こちらのページも参考にしてください






おすすめ