BTOでパソコンを買うワケは?どういう人がBTOで買うのがおすすめ?


ゲームプレーヤー

パソコンゲームをプレイしている人はよくBTOショップでパソコンを買っています。最近のパソコンゲームは3DのCGたくさん使われています。綺麗な3D・CGはCPUやグラフィックボードのGPUでの処理が大変になるので、高スペックなパソコンが必要となります。

とくにプロゲーマーはパソコンが重いせいでラグなどが発生してしまうとゲームで不利になってしまうので、できるだけハイスペックなパソコンを使いたいと思っています。

なのでゲーマーはパソコンにもこだわる必要があり、BTOパソコンを注文しています。

ゲーミングパソコンはますます需要が高まっているので、どのBTOショップでも一般のパソコンのメニューとは別に扱われているほどになっています。


こちらのページも参考にしてください

動画編集・制作者

動画編集をしている方もハイスペックなパソコンが必要です。動画の編集中でエフェクトをかけるのにCPU、GPUの処理が多く必要になります。

動画データーはとても重いのでHDD・SSDなどのストレージ容量が必要になります。また、大容量のデーターを扱うためメモリの容量も大量に消費します。

一番パソコンの性能に影響を受けるのはエンコードをするときでしょう。エンコードとは動画データーの形式を変更させることで、ファイルサイズを軽くしたり、アップロード先の対応しているファイル形式に変えるためにしなければならないことです。

エンコードはCPUやGPUをとても使いますし、貧弱なパソコンではとても時間がかかりますし、処理が追いつかずにフリーズしてしまうこともあります。エンコードに失敗してしまうと、やり直しの時間がかかってしたり、最悪データーが壊れたりしてしまいます。

なので高性能なパーツを使ったパソコンで安全にデーターが取り扱えるようにBTOでハイスペックなパソコンを作ります。


こちらのページも参考にしてください

配信者(ゲーム実況者など)

ライブ配信サイトで行う配信するにはある程度のスペックがあるパソコンが必要です。とくにゲーム実況になるとゲーム配信のためのツールやパソコンゲームの処理と同時にしなければならないので、かなりのスペックが必要です。

ライブ配信はリアルタイムで動画を作りインターネットで送信しているようなものです。動画を作るための処理をリアルタイムで行わなければならないので、CPUやGPUをかなり使用することはわかると思います

もしパソコンゲームの配信をしたい場合、そのパソコンゲームができるスペックよりも更に高いスペックが必要となってしまいます。

パソコンの性能が低ければ、まともな配信にならず、視聴者に不満を持たれてしまいます。なのでBTOでハイスペックなパソコンを買っています。


こちらのページも参考にしてください

VR・3D映像制作者

3DCGやVR関係の制作にはパソコンのスペックが必要です。3DCGの制作にはCPUやGPUの処理がかなり必要です。一般のパソコンではかなり動作が重くなってしまうので、まともに作れません。

また、昨今のVtuberブームも相まってVtuberの方々がBTOでパソコンを注文するところをよく見かけます。Vtuberには3Dの他に動画作成やライブ配信など多様な活動をしているので、性能の高いパソコンが必要となります。

イラストレーター

イラストレーターの方はAdobeのPhotoshopやClip Studio Paintなどのペイントソフトを使用しますが、イラストソフトでの作業は重くなりやすいです。重くなって動作がカクカクになるととても描きづらいので、できるだけハイスペックなパソコンを求められています。

例えばレイヤー数を増やすとメモリをどんどん使用しますし、エフェクトをかけるとCPUなどを使用します。そのような作業にも耐えるスペックのパソコンがある方が便利です。

また最近は高画質なイラストを求められるようになっていて、イラストデーターは非常に大きなデーター量になります。

大きなイラストデーターを扱える高性能なパソコンを必要とされているのでBTOでパソコンを買っています。


こちらのページも参考にしてください

DTM・作曲家・歌手

DTMや作曲者、歌ってみたなど歌唱をしている方もBTOパソコンが買われています。

パソコンで曲を作るためのソフトはDAWと呼ばれていますが、DAWで曲を作るときには音声ファイルやソフトウェア音源のデータを同時にたくさん読み込み必要があります。かなり大量に読み込む必要があるので大容量のメモリが必要です。当たり前のようにメモリを64GB搭載する方もいます。

またミキシング作業ではエフェクトも同時に大量に掛ける必要が出てきますのでCPUをとても必要とします。

さらに、DTMをする方は音にこだわる必要が出てきますので静音PCも人気です。録音をする時にパソコンのノイズがマイクに乗ってしまう可能性があるので静音PCは便利です。BTOでは静音PCが簡単に買えますのでDTMをする方によく買われています


こちらのページも参考にしてください

株・FXトレーダー

株やFXなどトレードをしている方もBTOパソコンを買う方が多いです。

デイトレードなどすぐに取引をしなければいけない時に性能の低いパソコンのせいで重くなったりフリーズしてしまったら急な相場の転換に対応できなくなり、大幅な損失を出してしまう可能性があります。

高性能で安定したBTOのパソコンを使用することによって安全に取引をすることができます

また、モニターをたくさんつけるためにグラフィックボードをたくさんつけたパソコンを注文できるのも便利です。

フォトグラファー・写真家

最近のデジタルカメラでとれる写真のデーターはスマホのようなカメラで撮られた写真と違い、とても解像度が高い写真がとれます。

プロのフォトグラファーはとても画質にこだわるのでできるだけ大きな画像で保存や編集がしたいと思っていますが、そのデーター量はかなりのものなので一般的なパソコンで画像を編集するのとは比べ物にならないほどのパソコンの処理を必要とします。

そのようなデーターを扱うためには高スペックなCPUやGPUがないととても時間がかかり、作業になりません。そのためBTOで高スペックPCを利用しています。

関連ページ

こちらのページも参考にしてください






おすすめ