パソコンに詳しくなくてもBTOがおすすめ


BTOとは

 Lian Li E-ATX対応PCケース 4面強化ガラス リモコン操作RGBファン ホワイト Alpha 550 WHITE
ASUS ROG STRIX HELIOS CASE GX601

BTOショップではパソコンを自分が選んだパーツを組み合わせて作ってもらうことができます。BTOとは「Build To Order」の略で、意味は「受注生産」「オーダーメイド」のようになります。

一般的なメーカー製のパソコンは、全てのパーツを工場で組み立てられた状態のものを家電量販店やネット通販サイトで買うというのが普通です。

BTOの場合はハードディスクやCPUなどのパーツを自分で選んでパソコンを作ってもらうことができます。BTOショップで注文したパソコンは普通の家電量販店で買ったパソコンと同じように、届いたその日からすぐに使うことができます。

BTOパソコンなら安くパソコンを注文できるところも多い

BTOパソコンは受注生産なので手間がかかって高くなるのではないかと思う方もいるかも知れませんが、むしろ安くなることも多いです。

一般的なパソコンメーカーのパソコンは、ブランドの付加価値があったり、一度も使わない余計なソフトウェアが付いていたり、自社開発のコストの高いパーツが使われていたり、また下請け業者などに対するマージンなどでむしろ高くなってしまいがちです。

BTOショップなら最新のパーツを大量に仕入れて、すべての工程を自社でしているので、一般のパソコンメーカーよりも安くなることが多いです。

初心者でもBTOでパソコンを買っても大丈夫

パソコン初心者の方には少しBTOでパソコンを買うことに不安な気持ちになるかもしれません。しかし、少なくとも今までパソコンを使ったことがある人にとっては全くといっていいほど不安になる必要はありません。

今までのパソコンと同じようにBTOパソコンを使うことができます。注文の時にパーツを選ぶ以外は他のパソコンと同じように買って、そのまま使うことができます。

初心者のためのサポートもしてもらえるBTOショップが多い

BTOショップにもよりますが、電話やメール、ウェブチャットなどで困ったときのサポートをしてくれます。ほとんどのBTOショップでは電話でのサポートに対応していますし、初心者向けのBTOショップでは電話で24時間対応してくれるところもあります。

また、パソコン工房やドスパラなど初心者向けのBTOショップには実店舗があるので、店にパソコンを持ち込めば修理などに対応してくれるところもあります

また、保証も一般的なパソコンメーカーと同じくらいあるショップもあります。ほとんどのショップは1年間の保証期間がありますし、2年や3年など延長できるBTOショップも多いです。


こちらのページも参考にしてください

購入前のサポートまでしてくれるところもある

BTOショップの中には電話やメール、チャットなどで購入前に相談してくれるショップもあります

家電量販店ではパソコンの相談をしても、店に並んでいるパソコンを適当に勧めるくらいしかしてもらえないかもしれません。

一方でBTOショップならパソコンに詳しいですしパーツの種類も豊富にあるので、どのような用途でどのようなパーツを選べばいいか、予算の相談など細かいところまで対応してもらえます

パーツに詳しくなくても注文できる

水冷PC/ATXスタンダード

BTOショップでパソコンを注文する場合、まずはじめに基本構成として初めから全てのパーツが決められた状態のものを、パーツを入れ替えて注文します。

もちろん全てのパーツを基本構成のままにしても注文もできます。カスタマイズする場合、基本構成のパーツを選択肢の中から入れ替えて注文します。3~7種類のパーツから好きなものを選んで入れ替えるというパターンが多いです。どれを選ぶについてですが、値段が横に表示されているので、値段が高いものが性能の良いものというものが多いです。

それをいくつか入れ替えて注文すればいいだけなので、初心者にも簡単に注文できます。

例えば「とにかくハードディスクが2TB以上なら別にあとはどんなのでもいい」という人がパソコンを注文する場合は、基本構成の中からハードディスクを2TB以上のものに入れ替えるだけで、あとはそのまま注文を進めていけばいいでのです。いちいち全てのパーツについて詳しくなくても注文ができます。

用途に合わせてパソコンを作ることができるので安い

最近はパソコンで動画作成、動画編集、生配信、ゲーム実況、DTMなどをする方が多くなってきましたが、そういう方たちにもおすすめです。

パソコンに詳しくないからどのパソコンを買えば動画編集ができるかどうかわからないと思う方は多いと思います。BTOショップには用途別にパソコンの構成が用意されています

例えば動画編集向きパソコン、クリエイターパソコン、ゲーミングパソコン、イラストレーター向けパソコンなど様々なものがあります。それらを基本の構成として選べば、どのパーツを選んでも用途にあったパソコンが注文できます。

また用途にあったパソコンのスペックにあったパーツを使って作れるので、一般的な既成品のパソコンより安くなります。量販店で売られているような既成品のパソコンでは値段が上がると全てのパーツが高性能なものになっている事が多いので割高になってしまいがちになります

BTOならば必要なパーツは性能の高い良いパーツ、あまり必要のないパーツは値段が抑えられた普通の性能のパーツが選べるので、用途にあったコストパフォーマンスが高いパソコンが買えるということになります。


こちらのページも参考にしてください

関連ページ

こちらのページも参考にしてください

 






おすすめ