高すぎる価格のパソコンを買わない方法!


必要以上に価格が高いパソコンがたくさんある

価格が高いPCが必ずしも性能も高いわけではない

パソコンは価格の幅がとても広いです。

安いパソコンは3万円くらいから、高いものだと40万円くらいのものまであります。実際にはそれ以上価格が高いものもありますが、個人で買うパソコンとしては3万円~40万円くらいまででしょう。

パソコンの価格は大抵の場合性能が上がるにつれて価格が上がります。ですが販売されているパソコンの中には性能以上に価格が高いものがあります。

「今使っているパソコンが重いから、今のパソコンより価格が高いものを買えば性能が高いだろう」と思って価格の高いものを買っても性能があまり変わらなかったり、むしろ性能が低い可能性もありえます

そのようなことにならないようにパソコンは基本的には性能を調べて買ったほうがいいです。

PCの性能は搭載されているパーツで決まる

同じメーカーのパソコンなのに価格が違うものがあるのは性能が違うためです。

高いパソコンだからといって特殊な機能がついているわけではなく、どのメーカーのパソコンを買っても同じような機能が使えます。なので基本的にはパソコンを性能以外で選ぶ必要はほとんどありません

パソコンの性能は使用されているパーツで決まります。特にCPUの性能によってパソコンの動作が早くなったり遅くなったりするので重要です。

パソコンのパーツは性能が高くなるほど価格も高くなります。例えばIntel社の性能の低めなCPUのCore i3を単体で買うと1万4千円前後、性能の高いCore i9は5万円強となっています。

性能が高く価格も高いパーツが使われるとパソコンの価格に転嫁されるので、もちろんパソコンの価格が高くなります。

なので同じメーカーの場合、性能が高くなるにつれて価格も高くなることが多いです。

同じスペックでもメーカーによって価格の差が大きい

ただし同じ性能のパーツが使われているパソコンで比較すると、メーカーによって価格が2倍、3倍くらい変わることがあります

同じメーカーのパソコンでくらべた場合は基本的には価格が高くなるにつれて性能も高くなりますが、使用されているパーツが同じPCを別のメーカーのものとくらべた場合は価格がかなり違います。

特に日本のパソコンメーカー(NEC富士通など)は価格とても高く、アメリカのパソコンメーカー(DELLやHPなど)は安いです。

2021年6月現在価格コムで安いパソコンを検索してみると、「Core i5+メモリ16GBのデスクトップPC」の場合、

  • HP(米)「HP Pavilion Wave 600-a300jp」:価格 65,800円
  • NEC(日)「Mate タイプML」:価格 121,023
  • フロンティア(BTO)「FRBSH310/KD26」:価格 62,800円

日本メーカーのパソコンがアメリカメーカーのPCの2倍近くの価格になっています。

アメリカのパソコンが安い理由はおそらく世界中で売れていて、安い外国の工場で大量生産をしているので価格が押さえられるのでしょう。日本メーカーのパソコンは現在日本では多少売れていますが、世界ではあまり売れていません。

ノートPCは性能の割に高くなることが多い

Analytics Charts Traffic Marketing  - StockSnap / Pixabay

ノートPCは一般的なデスクトップPCとくらべて価格が高くなりやすいです。

同じ性能のノートPCとデスクトップPCで比べると、ほとんどの場合ノートPCのほうが価格が高くなります。

また、ノートPCは性能を高くしすぎるとバッテリーを消費してしまうので性能が押さえられています。なので価格がかなり高いノートPCを買ったからとしても性能が低いということも結構あります

動画編集やイラスト製作などのクリエイティブなソフトを使用するにはパソコンの性能が必要です。そのような性能が高いパソコンが必要な方は基本的にはデスクトップPCを買わなければいけません。

パソコンはできるだけ安く買うのがおすすめな理由

パソコンの壊れやすさはメーカーや価格ではほぼ変わらない

価格が高いメーカーが作ったパソコンは質が高いかと言われると、そんなことはありません。

最近のパソコンの質はメーカーや価格ではあまり変わりません

なぜかというと今現在パソコンメーカーで売られているパソコンの中身は自社で作られたものはほとんどなく、同じような外部のパソコンパーツメーカーで作られたものから選んで、それを組み立てているだけのようなものでだからです。

例えばパソコン用のCPUを製造している会社は主にIntel社製かAMD社製のどちらか、SSDやHDDを作っている会社はCrucial(Micron)やWestern Degital、Seagate、Samsungなど数社、メモリもKingston、Corsair、Micron、Silicon Powerなど数社の中から選んでいるだけの状態です。

質の悪いパーツを作ったメーカーは淘汰され、基本的にはどのメーカーも一定以上の質があります。以前のパソコンメーカーは価格を下げるために質の悪いパーツを使ったパソコンを販売していた時期もありましたが、最近は安価で品質が一定以上あるパーツが大量に作られるようになったのであえて品質の悪いパーツを使わなくてもよくなりました。

なので多くのパソコンメーカーは自分でパーツを作るよりも外部の会社の安価で質のいいパーツを使うようになり、どのパソコンメーカーも品質の差はなくなってきています

例えばほとんどのパソコンはCPUにIntel Core iシリーズやRyzenシリーズのどちらかを使用しています。当然選ばれたCPUが「Core i7-11700」など型番まで同じだとどのメーカーも同じような値段で購入するはずですし、パソコン製作にかかるコストはメーカーによって大きく変わることはないはずです。

もちろんパーツには品質や価格には差が多少ありますが、安いパーツを使っているからといってすぐに壊れるようなことはほとんどありません。価格が高いパーツだったとしても壊れるときは壊れます。もし万が一壊れたときにパーツ交換や修理をしてもらえばいいだけです

なので基本的にパソコンは性能と価格で選ぶべきです。

あまりにも安いPCはだめ!CPUにCore iシリーズやRyzenが搭載されいるものを買う

もちろん安ければどんなパソコンでもいいというわけではありません。

安いパソコンにはCeleronやAtomなどのCPUが搭載されているパソコンが多いですが、それらのCPUは性能がとても低いです。それらの性能の低いCPUでは普段パソコンを使うにも支障が出てきます。

価格が安くなればなるほどCeleronやAtomなど性能が低いCPUが搭載されているパソコンが増えていきます。

安くて使い物にならないパソコンは5万円以下の製品に多いです。5万円以下のパソコンは性能が低いCPUを使っていたり質の悪いパーツが使われていてすぐ壊れていまいやすいです。

そしてそういう性能の低いCPUが搭載されているパソコンは価格を抑えるために質の悪いパーツが使われている可能性も高く壊れやすいです。

日本メーカーの場合、もう少し価格が高いパソコンだったとしてもCeleronやAtomなどが搭載されている可能性も高いので注意してください。


CPUにはIntel社の「Core iシリーズ」やAMD社の「Ryzenシリーズ」がどちらかが搭載されたものを買ったほうがいいでしょう。それ以外のCPUは性能が低い可能性が高いです。

Core iシリーズやRyzenシリーズで一番安いCore i3やRyzen 3が搭載されたPCは5万円台のものからあります。安いパソコンを買う場合必ずCore iシリーズかRyzenシリーズが搭載されているか確認したほうがいいでしょう。

CPUにCore iシリーズやRyzenシリーズを搭載したパソコンなら質の悪いパーツが使われている可能性が低いです。

安く性能のいいパソコンを買うにはBTOがおすすめ

BTOパソコンはパソコンメーカー製パソコンよりも安くなることが多いです。

BTOショップはパーツを一つ一つ選んで注文すると、選んだ通りにパソコンを組み立てて送ってもらえるショップです。

BTOパソコンは注文を一つ一つ受け取ってから組み立ててくれる受注生産です。受注生産なのにも関わらず大量生産をしているパソコンメーカーよりも安いです。おそらくパソコンメーカーのパソコンの価格が高いのは設計からはじめてパソコンケースや一部のオリジナルのパーツを作っているからでしょう。

BTOの場合はほとんどすべてのパーツをパソコンパーツメーカーが大量生産した既製品を使って組み立てているので受注生産でも安くなるのだと思います。

もちろん品質はメーカー製パソコンと変わりません。BTOパソコンは安く性能の高いパソコンを買うのにおすすめです。

どのくらいの価格のパソコンを買えばいいか

 家庭用パソコンゲーミングPCクリエイターPC
PCの性能(CPU)低い
(Core i3など)
普通~高い
(Core i7、Ryzen 5など)
高い
(Core i7、Ryzen 9など)
グラフィックボード(GPU)の性能なし
(内蔵グラフィック)
高い
(GeForce RTX 3070など)
普通~高い
(GeForce GTX、RTX、Quadroなど)
メモリ容量少ない
(8GBなど)
普通
(16GB~32GBなど)
多い
(32GB~64GBなど)
SSD・HDD容量少ない
(500GBなど)
普通
(1TBなど)
多い
(2TBなど)

ワード、エクセル、Office製品などを使ったり、動画を見るためにパソコンが欲しい方の場合、性能的にはCPUにCore i3~Core i5、Ryzen 3~Ryzen 5あたりが搭載されているパソコンを買うのがおすすめです。

デスクトップPCの場合はBTOショップで買うと5万円~8万円くらいで買うことができます。日本メーカーの場合は10万円以上かかるでしょう。ノートPCの場合、アメリカメーカーのPCを買うと7万円~12万円くらいになります。日本メーカーの場合は15万円くらいになります。

ゲームがしたい方が買うゲーミングPCの場合はCPUにCore i7、Ryzen 7あたりのPCが欲しいです。ゲームプレイ時の画質やフレームレートをどれくらいにしたいかによってグラフィックボードの価格が幅広くかわります。BTOショップでPCを買うと12万円~20万円くらいです。もし日本メーカーなら20万円以上するでしょう。

動画編集やイラスト制作、画像編集、DTM・音楽制作などをしたいクリエイターの方はCPUにCore i7~Core i9、Ryzen 7~Ryzen 9搭載のパソコンが必要です。BTOショップでは10万円~20万円くらいで買うことができます。動画編集や画像編集などにはグラフィックボードの性能もある程度必要なのでもう少し高いPCになる可能性があります。

高すぎるPCを買わない方法まとめ

①ゲーミングPC、クリエイターPCはBTOショップで買う

ゲーミングPCの場合、アメリカメーカーのものでも少し高くなりがちです。またクリエイター向けのPCは一般的なパソコンメーカーにはほとんどありません。

ゲーミングPCやクリエイター向けのハイスペックなパソコンが欲しい方はBTOパソコンショップで買うことがおすすめです。

コストパフォーマンスが高いパソコン(性能が高く価格が安いPC)が欲しい方におすすめのBTOショップは「マウスコンピューター」や「パソコン工房」、「フロンティア」あたりです。

とくにフロンティアはセールでとても安くなるのでおすすめです。

ゲーミングPCにはツクモの「G-GEAR」やパソコン工房の「LEVEL∞」あたりがコストパフォーマンスが高いのでおすすめです。

クリエイター向けPCにはマウスコンピューターの「クリエイターパソコン DAIV」やパソコン工房の「クリエイターパソコン SENSE∞」が性能が高くおすすめです。

②ノートPCはアメリカメーカーのものを買う

とくにノートPCを買う場合はアメリカメーカーのPCがおすすめです。

アメリカメーカーのパソコンは安いです。アメリカのPCメーカーにはDELLやHPがあります。

BTOショップではデスクトップパソコンは安くなることが多いですし種類も多いですが、BTOショップにはノートPCが種類があまりなく拡張性やカスタマイズがあまりないので、BTOでノートPCを買うのはあまりうま味がありません。


アメリカメーカーのノートパソコンを公式で見るにはこちら

③液晶一体型PC、小型PCは価格が高いので買わない

モニタとPC本体が一つになった液晶一体型PCは価格が高く性能も低いのでおすすめできません

また液晶一体型PCは性能がノートPCレベルしかありませんし、価格もノートPCと同じくらい高いです。つまり液晶一体型PCは持ち運びができないノートPCなので、それならノートPCを買ったほうがマシです。

確かに液晶一体型PCはデザインがおしゃれなものも多いですが、自分のパソコンを他人に見せるという機会はほとんどないでしょう見た目よりも実用性を取るべきです

デスクトップPCの本体を見せるのが嫌という方は机の下や棚の中などの見えないところに置いておけばいいので、部屋の見た目を気にする方でも問題ありません。長めのモニターケーブルを使えば本体とモニターの場所が離れていても設置できるので、パソコンを置く場所がなくて困るということは部屋がとても狭い人くらいしかないと思います。

なので液晶一体型PCを買うことはメリットが薄すぎます。

④同じ性能のパソコンで比較する

パソコンを比べるときは同じ性能のパソコンで比較すると分かりやすいです。

パソコンはメーカーによって価格が違いすぎます。同じメーカーでも価格の幅があるのに、さらに違うメーカーと比べようとするとどっちがいいかわかりづらいです。

今のパソコンはどのパーツを使われているかくらいしか違いはありません。なのでどの性能のパーツが使われているでパソコンの価値がほぼ決まります。

つまりパソコンを比較するときにはどの性能のパソコンを買うか決めてからのほうが分かりやすいです。

例えば動画編集をしたい方の場合、CPUにCore i7、グラフィックボード(GPU)にGeForce RTX 3060と先に決めてしまいます。基本的にはCPUとGPUの2つを決めておけばそれだけでも比較しやすいです。この2つでだいたいのパソコンの価格が決まるからです。

この2つを先に決めてから価格を比較するとメーカーによってあまりにも差があることに気がつくと思います。

それからどのメーカーにするか、SSDやメモリを増設できるか、発送までどれくらいかかるか、見た目や持ち運びのしやすさ、本当にその価格で買う価値があるかを考えるといいでしょう。

⑤セール販売中のPCを買う

過去のHPのセール

パソコンはセールで販売していることが多いです。

とくにHPやレノボでは数万円の値引きや50%以上の値引き率など値引き幅がものすごく高いのでセールで買うのがおすすめです。

BTOパソコンショップでも値引き販売をよく行っています。もともとの価格が安いので値引き額は低いものもありますが、タイミングによってはとても安く買えることもあります。


こちらのページで現在開催中のセールを紹介しています。

おすすめの高コスパPC

フロンティアのセール中のPC(最安になることが多い)

フロンティア」はコストパフォーマンスが高いBTOパソコンショップです。

フロンティアでは頻繁にセールが行われています。セールでパソコンを買うととても安く買えるのでおすすめです。

現在行われているセールを確認するにはこちら


現在セール中の対象商品の中でおすすめは「GAシリーズ(B550)FRGAB550/M581/NTK」が最新高性能Ryzen 7+ 最新GeForce RTX 3060 Ti搭載セール価格219,800円なっていておすすめです。

こちらのパソコンは高画質の動画編集やイラスト制作、ゲーム実況配信などをしたいクリエイターの方にもおすすめです。


コスパの高いパソコンが欲しい方には「GAシリーズ(B550)FRGAB550/WSH/WS/NTK」がRyzen 5 5600X + GeForce RTX 3060を搭載していてセール価格159,800円となっています。Ryzen 5 5600Xはスコア的にはCore i7-11700よりも性能が高いのでコスパが高くなっていておすすめです。

こちらのパソコンはイラスト制作や動画編集、Photoshop・Illustratorなどを使用したい方におすすめです。


フロンティアのサイトで詳しく見るにはこちらから

ツクモ / 「G-GEAR(ゲーミングPC)」「クリエイターPC」

ツクモは老舗のパソコンショップとして有名です。BTOパソコンも信頼性が高いパーツ選択ができるのでパソコン上級者の評価が高いショップなのでおすすめです。

ツクモのゲーミングPC「G-GEAR」はゲーミングPCの中でも特にコストパフォーマンスが高いのでおすすめです。

G-GEARの中では「G-GEAR GA5A-F210/T」がおすすめです。スペックは

  • CPU:Ryzen 5 5600X(PassMarkスコア:22,165)
  • グラフィック:RTX 3060(PassMarkスコア:16,617)
  • メモリ:16GB
  • SSD:500GB

となっているのでたいていのゲームはプレイできるスペックとなっていておすすめです。カスタマイズでRyzen 7にしたりメモリやSSDを増設したりもできます。

重いゲームをさらに高画質でプレイしたい方、ゲーム実況配信をしたい方はCPUをRyzen 7以上を、グラフィックボードにRTX 3070を搭載するのがおすすめです。


ツクモのクリエイター & ワークステーション向けモデル「クリエイターPC」もおすすめです。

このクリエイター向けBTOパソコンの特徴としてグラフィックボード選択の幅がとても広く、自分にあったGPUを選択しやすいというところにあります。

基本構成ではGPUが内蔵グラフィックかGeForce GTX 1650のどちらかしか搭載されていませんが、その代わりRTX 3060からRTX 3090まで幅広く選択することができます。動画編集やイラスト制作などクリエイター系ソフトを使用したい方はGeForce GTX 1660 SUPER、RTX 3060以上を搭載させることを強くおすすめします。

おすすめのPCは「クリエイターPC WA7J-C211/ZT」です。基本構成ではCPUにIntel Core i5が搭載されていますがカスタマイズでCore i7やCore i9にすることもできます。

もっと高性能なRyzenが搭載されたPCが欲しい方には「クリエイターPC WA7A-D211/XT」がRyzen 7 5800Xを、「クリエイターPC WA9A-C211/T2」がRyzen 9 5900Xを搭載しているのでおすすめです。


ツクモを詳しく見るにはこちら

パソコン工房 / 「ゲーミングパソコン LEVEL∞」「クリエイターパソコン SENSE∞」

パソコン工房はコスパの高いパソコンを販売しています。

特に「ゲーミングパソコン LEVEL∞」シリーズや「クリエイターパソコン SENSE∞」シリーズがおすすめです。


ゲームパソコン LEVEL∞シリーズには幅広いスペックのパソコンがあります。

多くの方におすすめなパソコンは「ミニタワーゲームパソコン LEVEL∞ M-Class [LEVEL-M0B5-R73X-RBX-FB]」です。こちらはたいていのゲームが快適にプレイできます。

ゲーム実況配信や高画質動画編集もしたい方はハイスペックな「フルタワーゲームパソコン LEVEL∞ G-Class [LEVEL-R059-119-VAX]」がCore i9とGeForce RTX 3080を搭載しているのでおすすめです。

その他自分がプレイしたいゲームが確実に動かせる「推奨スペックパソコン」も用意されています。


クリエイターパソコンSENSE∞シリーズもコストパフォーマンスが高いのでおすすめです。

多くのクリエイターの方におすすめなのは「クリエイターパソコンSENSE∞ [SENSE-M056-117-RBX]」です。こちらはスペック的にイラスト制作や画像編集、DTMなどをしたい方におすすめです。

動画編集などをしたい方は「クリエイターパソコン SENSE∞ [SENSE-F059-119-TAX]」がCore i9を搭載しているのでおすすめです。


パソコン工房のサイトはこちら

Lenovoのノートパソコン(セールで大幅値引き)

Lenovo」は国際的なパソコンメーカーです。Lenovoのパソコンは2020年のマーケットシェアが一位になるなど世界中で人気の高いメーカーです。

Lenovoは「セール中のパソコン」がとても安くなるのでおすすめです。一度のセールでセール対象商品になるパソコンの数が多く、値引率も60%以上の値引きになることがよくあります。


公式サイトで詳しく見るにはこちら

HPのノートパソコン

HPはアメリカの大手パソコンメーカーです。

ノートパソコンが欲しい方はHPのような米国企業の製品がコスパが高いのでおすすめです。


家庭で使用したい方やオフィス系ソフト、一般的なビジネスソフトを使用したい方などには「Pavilion(パビリオン)」シリーズがコスパが高いのでおすすめです。

CPUに「Core i5」、「Ryzen 5」あたりが搭載されたパソコンなら大抵のビジネスソフトを快適に使用できるのでおすすめです。コストを抑えたい方は「Core i3」、「Ryzen 5」を搭載されたものでも十分に使用できます。


イラスト制作や動画編集などをしたいクリエイターの方にはクリエイター向けノートパソコンの「HP ENVY 15-ep」がおすすめです。

その中でも特におすすめのパソコンは「HP ENVY 15-ep0000 パフォーマンスモデル」です。搭載されている「Core i7-10750H」は性能的にはデスクトップ用CPUのCore i5-10400と同じくらいの性能なのたいていの作業は十分にできます。


公式サイトで詳しく見るにはこちら






おすすめ