大学生はどんなパソコンを買えばいい?おすすめの選び方を紹介!


大学で買うパソコンを指定されていることもある

Library La Trobe Study Students - andrew_t8 / Pixabay

大学の学部・学科によってはパソコンを指定されていることがあります。例えば学部生全員がパソコンの機種まで指定される場合や、Macのノートパソコンを買いなさいなどと指定される場合、推奨スペックがある場合などがあります。

大学側で指定される場合、入学前から案内が届く事が多いです。

そういう学生でなければ、基本的には何を買ってもいいということになります。

大学生協「推薦」のパソコンは買う必要はない

大学が推薦するパソコンというものが多くの大学にありますが、基本的に買う必要はありません

大学生協のパソコンはスペックのわりに価格がとても高い場合がほとんどなのでおすすめしません。自分で探して買うことをおすすめします。

生協のパソコンはだいたいどこの大学も13万円~17万円くらいしますが、アメリカメーカーのHPやDELLのパソコンの場合同じスペックのパソコンを7万円~10万円程度で買うことができます。

ノートパソコンかデスクトップパソコンどちらがいいか

ノートPCのほうが便利だが高い

もし大学側でノートパソコンを買うように指定されていなければデスクトップパソコンでも構いません。

実験をする学部の場合、授業中に持ち込むと便利なのでノートパソコンのほうがいい場合もあります。

普通の文系学部や教養科目などでも講義中にノートパソコンを持っていってノートをとってもいい講義も多いです。

ノートパソコンを持ち運びたいなら13.3インチがおすすめ

ノートパソコンの大きさには様々あります。13.3インチ、14.0インチ、15.6インチ、17.3インチあたりが多いです。

15.6インチ以上となると大きいので持ち運びが難しくなります

持ち運びをしたい方は13.3インチ、14.0インチあたりがおすすめです。

デスクトップパソコンのほうがコスパが高いのでおすすめ

ただし大学側でパソコンが指定されていないような学部の場合、ノートパソコンを持ち運ばなくても卒業することができます

どの大学でもレポートをパソコンで作って提出しなければならない科目は多いですが、レポートの作成方法などは指定されず「家のパソコンでデータを作って提出する」という指示が多いです。なのでデスクトップパソコンでも全然構いません。

ノートパソコンは同じ性能のデスクトップパソコンと比べると価格が高くなります。またノートパソコンは熱がこもりやすく壊れやすいです。ノートパソコンはパーツが敷き詰められていているのでパーツの交換などの取り扱いが難しく、修理に時間やお金がかかることが多いです。

お金をかけたくない方はデスクトップパソコンをおすすめします。

「液晶一体型パソコン」というものがありますが、ノートパソコンよりもさらにコスパが悪いのでおすすめできません・

どのパソコンを買えばいい?選び方は?

パソコンを買う前にスペックを見る

パソコンはいろいろな値段のものがあるのでどれを買えばいいかわからない方もいると思います。

パソコンを選ぶときにはスペックを見て自分にあったパソコンを探します。

パソコンの性能は使われているパーツでほぼ決まります。使われてるパーツの性能が高ければ高いほど値段が高くなります。性能が高いパソコンほど価格が高くなるということになります。

また、同じ性能のパーツが使われていてもパソコンメーカーによっても価格に差がでます。なので単純に価格で選ぶことは難しいです。なので使用されているパーツ(スペック)を見てどのパソコンを買えばいいか判断します。

パソコンに使用されているパーツは必ず書いてあります。例えばCPUが「Core i5-9500」、メモリが「8GB」というようなことがネットショップでも家電量販店でも書かれているので必ず見てから購入してください

大学生が使うパソコンに必要なスペックは?

大学生が大学でパソコンを使う時は、大抵の場合はそこまで高いパソコンは必要ありません。

大学生でパソコンを使う場面は「授業で出される課題・レポートの作成をする」、「大学のオンラインシステムで履修登録などの手続きをする」、「オンライン学習」あたりです。

これらは10万円以下のパソコンでも十分できます

ものすごく性能の悪い3万円前後のパソコンでなければ大抵の場合大学生が使うパソコンとして十分なスペックがあるでしょう。

チェックしなければいけないところはCPU、メモリ容量、SSD

パソコンを買う前にチェックしなければならないスペックは

  • CPU
  • メモリ容量
  • HDD・SSDの容量

の3つです。

基本的にこの3つの最低基準を満たしていればどんなパソコンを買ってもいいです。

例えばDVDを読み込まなければいけなくなったりしてもDVDドライブはUSB接続の外付けがありますので、必要になれば買うとすぐに使うことができます。

CPU:Core i3、Ryzen 3以上、できればCore i5、Ryzen 5がおすすめ

CPUの選び方

  • オンライン学習を快適にしたい:Core i5、Ryzen 5以上がおすすめ
  • コストを抑えたい方:Core i3、Ryzen 3

CPUはパソコンの処理全般を担当します。CPUの性能が低いと画面がガクガクしたり、画面がなかなか切り替わらなかったり、フリーズしやすくなったりします

大学生が使用するパソコンの場合最適なのは「Core i3~i5」、「Ryzen 3~5」あたりです。

レポート作成のための文書作成やウェブ上での大学システムの利用(e-Learningなど)はCore i3、Ryzen 3あたりの性能があれば使用できます。

ただし最近は新型コロナウィルスの影響でオンライン学習、ビデオ会議ツールなどを使用する可能性も高くなってきています。それらのためのソフトは文書作成のソフトよりも少し性能が高いほうがいいです。Core i5やRyzen 5あたりを選ぶと快適に使用することができます

パソコンを快適に使用したい方は「Core i5・Ryzen 5」あたりを、できるだけ安くでもちゃんと使えるパソコンが欲しい方は「Core i3・Ryzen 3」あたりを選ぶといいでしょう。

安いパソコンにはIntelの「Celeron」、「Atom 」などが搭載されていますが性能が低すぎるのでおすすめできません

HDD・SSD:最低でも240GB以上・できれば500GB以上

ストレージ容量は少なくとも240GB以上ないとかなり使いにくくなります。

パソコンはソフトの使用中に一時保存するためのデータなどが大量に溜まっていきます。ストレージ容量が120GBくらいしかないパソコンもありますがおすすめできません

OSだけでも数十GB使います。さらにソフトをインストールしたりデータを保存すると120GBでは容量がすぐに足りなくなります。

最低でも240GBは欲しいです。できれば500GB以上のものを選ぶといいでしょう。

メモリ:8GB以上

メモリはソフトを使用しているとどんどん消費します。

またソフトを複数同時に使用するとメモリ容量が必要になります。例えば文書作成ソフトだけ、インターネットの閲覧ソフトのブラウザだけなら4GBくらいでも使用できますが、実際にはブラウザで資料を見ながら文書作成ソフトを使用したりします。メモリ容量は8GBくらいあったほうがいいでしょう。

メモリの容量が少なすぎると不便になります。メモリが足りなくなるとパソコンがカクカクになったり最悪フリーズしたりするのである程度の容量があったほうがいいです。4GBくらいではパソコンが使いづらくなります。

無線LAN・ウェブカメラ等は後からつけることができる

大学によっては無線LANやウェブカメラが必要になる可能性もありますが、あとからUSBで接続できる外付けの製品があるので、パソコンに内蔵されていなくても問題ありません。

動画編集・PCゲームなどをしたい方はBTOパソコンがおすすめ

動画編集やパソコンゲームをするには性能の高いパソコンが必要です。

性能が高いパソコンを安く手に入れるにはBTOショップのパソコンがおすすめです。

BTOショップのパソコンはパーツを指定して組み立てて作ってもらえるパソコンです。普通のパソコンと同じように家に届いたらすぐに使うことができます。

こちらのページも参考にしてください

パソコンを持ち運ぶならネット回線は「WiMAX」がおすすめ

こちらのページも参考にしてください

おすすめのパソコン

HP / Pavilion Aero 13-be(ノート・十分なスペック・高コスパ)

HPの「Pavilion Aero 13-be」は13.3インチの持ち運びがしやすいノートパソコンです。

一番安い「スタンダードモデル【S1】」の場合でも

  • CPU:Ryzen 5 5600U(PassMarkスコア:15,948)
  • メモリ:8GB
  • SSD:256GB

十分なスペックが備えられています。どのモデルを選んでもRyzen 5 5600U以上、メモリ8GB以上の性能があるのでどれを買っても問題ありません。セールの時期によってはもっと性能が高いものが一番安くなっていることもあります。

また指紋認識センサーも搭載されています。


HPのサイトで詳しく見るのはこちら

HP / HP(ノート・とにかく安いPCが欲しい方)

HPの「HPシリーズ」は安いノートパソコンシリーズです。

安いPCの中にはとても性能が低くて使いにくいものがあるので注意してください。具体的に言うとCPUにRyzen、Core iが使われていないものは性能が低いです。必ずCPUにCore iシリーズかRyzenシリーズが使われているか確認してください。

HPシリーズの中では「HP 15s-eq2000 ベーシックモデルG2」はCPUが「Ryzen 3 5300U」、メモリが8GB、SSDが256GBと十分なスペックが備えられています。

とにかく安く、でもちゃんと使えるノートパソコンが欲しい方におすすめです


HPのサイトで詳しく見るのはこちら

Dell / Inspiron 14 5000(ノート・14インチ・4つのカラーあり)

Inspiron 14 5000

【Dell】Inspiron 14 5000 プレミアム」は14インチのスタイリッシュなノートパソコンです。デルはアメリカの大手パソコンメーカーです。

スペック的にもCPUに第10世代Core i5、メモリ8GBと学生が使用するのに十分なスペックがあります。

価格も8万円前後でコスパが高いのでおすすめです


Dellのサイトで詳しく見るにはこちら

Lenovo / IdeaPad Slim 550 14型(ノート・安い)

Lenovoは国際的なパソコンメーカーです。コストパフォーマンスが高いパソコンが多いのでおすすめです。

大学生におすすめのパソコンは「IdeaPad Slim 550 14型 (AMD)」です。Ryzen 5搭載、14インチとなっています。

Lenovoはセールが多いのでセール商品を探すのがおすすめです。「ノートブックを探そう」のページに飛ぶとセール中のCore i5のパソコンが表示されます。


Lenovoのサイトで詳しく見るにはこちら

パソコン工房 / STYLE∞ S-Class (デスクトップ・高コスパ)

 

パソコン工房の「STYLE∞ S-Class」はコストパフォーマンスがとても高いパソコンです。

  • CPU:Core i5-11400(PassMarkスコア:17,441)
  • メモリ:8GB
  • SSD:240GB

で価格が6万円台となっていてるのでおすすめです。パソコン工房はカスタマイズ注文できるのでメモリを16GBにしたり、SSDを500GBにするなど自分でスペックを調整することができます。


パソコン工房のサイトで見るにはこちら

関連ページ

こちらのページも参考にしてください






おすすめ